FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
公務員の公僕意識を正す!
 公務員批判が盛んです。しかし、その多くは的を外していると思うのです。
 「お前ら公務員は公僕だ」これがそもそも間違いです。公僕とは「公務員の謙称」、つまり、公務員が自らをへりくだって使う言葉であり、公務員以外が使う言葉ではないのです。
 その上、公僕と下僕とを混同して、国民市民の使い走りとの誤認が一般化しています。モンスターペアレンツや行政クレーマがその表われです。
 公務員は僕(しもべ)ではありません。然るに、公務員批判に晒されて「無力なものよ」と実像とかけ離れた自己認識にあるならば、それこそが批判の対象ではないでしょうか。公務員ゆえに持っている権力や権限にあまりに鈍感過ぎるからです。
 「たかが安月給の教師」というが、教師には出校停止、保護者呼び出し、内申書作成等の、高校は停退学の懲戒、進級認定権もあります。警察官だけが権力を直接行使しているのではありません。
 彼らの権力・権限が国民市民の生活・人生を左右するほどの影響力を持っている、その自覚が足りません。それが緊張感・責任感・使命感の欠如となって表れていることが問題なのです。注目すべきは保安院です。今、彼らに言っています。
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 今日の東京新聞もしんぶん赤旗も心静かに居させてくれない記事に満ちています。今日の私のブログ読んでください。怒りを川柳にしました。というか、しないで入られなかったのです。エストエストで昼食後、新聞を読み返し、4句作りました。
2012/05/24(木) 15:17:01 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
うむう。
公務員といっても、職種も沢山おられますから、一括りにして語ることは出来ませんね。世間一般が不況で給料が下がったために、公務員が良いようにみえますが、全ての公務員が優遇されているわけではないようですね。

また、過剰残業などで体を壊しておられる方も多いと聞きます。楽に給料を貰っている人ばかりではないでしょう。

借金大国の日本では、利払いの額が税収入に迫ろうとしているとも聞きます。これからは公務員だけではなく、国民全部が覚悟しなければならないのかもしれませんね。
2012/05/24(木) 14:12:47 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
 公務員批判が盛んです。しかし、その多くは的を外していると思うのです。 「お前ら公務員は公僕だ」これがそもそも間違っています。辞書によれば、公僕とは「公務員の謙称」です。つまり、公務員が自らをへりくだって使う言葉であり、公務員以外が使う言葉ではないので...
2012/05/23(水) 13:13:28 | まとめwoネタ速neo