FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
子等の育ちに目を見張る
 今日は、サタデースクールに行ってきました。東総地方は、まさに快晴、気持ちよく自転車を漕いで向いました。
 三ヶ月ぶりに会う生徒諸君、こちらもわくわくなのですが、彼らもそんな気配です。驚かされたのが女子の体格、背の伸びが目に見えるのです。それに比べ、男子の小さいこと。11人中、上位4位までは女子です。男子は中学に入ってからなんですね。自分も、中一で12センチ、中二で10センチ伸びました。晩飯飯は五杯食べましたね。そこで一句

   驚きの成長子等の若葉萌ゆ

 「驚きの」を「目を見張る」とも考えたのですが、動詞が二つになるんで止めました。「若葉萌ゆ」も、もっと的確な表現があるだろうと思っています。とりあえずの作です。

   用水は溢れんばかり苗伸びる

   畦道の轍を歩く田植あと

   田植どき機上の武者ら背を伸ばし

スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 よーく、分かりました。意外性のあるもの、そういえば、無意識になのか、よいと思った句のまねなのか、そうやルこともありますね。確かに意外性ゆえに目覚めさせられる美しさというものがあります。
 「付きすぎ」は意外性の反対なんですね。私、その似たもの同士の共通性を強調して常識はずれという意外性を発揮しようという本道の真逆をやったわけですね。
 何か清々しさがあったんですよ。形式から離れた開放感だったのかもしれません。私しゃ、天邪鬼だから、人と違うことやって、それだけで満足しようという幼稚な所らがあるんですよ。お恥ずかしいですね。
 いままでも、美代子さんの引き出しから、いただいたんですが、かき集めて、目もせんと遺憾ですね。
2012/05/21(月) 09:21:52 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
ああ、そうでしたか。
子等の若葉萌ゆ と意図的にそうされたのですね。少し無理があるような気がしないでもないですが、スキップさんの説明を読むと納得してしまいます。

つきすぎについては、一句の中に、似たような内容や情緒を並べてしまうことを言います。この場合 子等の成長と若葉萌ゆ がそれに当たりますが、子等の若葉萌ゆ だとまた印象が違いますね。しかし、子等と若葉もつきすぎといわれるかもしれないです。

俳句は意外性のあるものをくっつけて、句の趣をさらに深めるのがよいとされますが、これが難しいんですよねえ。生意気を言ってすみませんでした。ぺこり。



2012/05/21(月) 01:10:57 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
 美代子さんへ
 有難うございます。どんトン、「余計」なことください。
 そうなんです。美代子さんが仰ることの方が自然なんです。しかし、なぜか、ご指摘のようにすると、落着きが悪い自分がいるんです。そこで、とっさにウガンダママに放っておくことにしたんです。
 子等の若葉萌えるのは、若葉が萌える季節です。それと並行して子供らの中の若葉・命が萌えているとつなぎたいからなんだと思います。
 「付きすぎ」とはなんでしょうか。お教えください。始めて聞く用語です。不勉強ですみません。率直な感想をこれからもお願いします。
2012/05/20(日) 17:22:27 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
頑張ってらっしゃいますねえ。
私は俳句脳になれなくて困っていますが、スキップさんは、川柳も俳句もスラスラ出てくるんですねえ。

今日も清々しい句が並んでいますね。

驚きの成長子等の若葉萌ゆ

この句、成長と子等を入れ替えたほうがいいのではないでしょうか。驚きの子等の成長若葉萌ゆ となります。如何でしょうか。余計なことを書いてごめんなさい。

若葉萌ゆは「付きすぎ」かもしれないです。ま、私の意見などあてになりませんが。。。
2012/05/20(日) 17:04:21 | URL | 美代子 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
今日は、サタデースクールに行ってきました。東総地方は、まさに快晴、気持ちよく自転車を漕いで向いました。 三ヶ月ぶりに会う生徒諸君、こちらもわくわくなのですが、彼らもそんな気配です。驚かされたのが女子の体格、背の伸びが目に見えるのです。それに比べ、男子の...
2012/05/19(土) 14:34:54 | まとめwoネタ速neo