FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
TPP本当のねらい
 国が年金支給開始年齢を68だ70歳だと言い出しました。「死支度すれば年金いただける」と皮肉り、怒りを昇華させています。
 その中、NHK「週刊ニュース深読」に「80歳支給開始だ」とおっしゃる東大教授が登場しました。どうも、本気なのです。ならば、制度維持策だという自説が、実質、消滅解体策であるという矛盾や滑稽さに気付いていないことになります。そうして気付きました。
 財界はTPPに参加するように圧力をかけています。その意図は工業製品輸出力強化にあると思ってきました。しかし、金融・保険・を含む幅広い分野に及ぶ協定です。目的は公的年金・保険制度解体による責任放棄だと見えてくるのです。
 今まで、財界は社会保障制度に伴う負担を嫌ってきました。非正規労働者の社会制度加入にも無保障状態に放置するために姑息な手段を講じてきました。様ざまな財界優遇税制で、この負担から実質逃げています。そして、今後予想される経費は消費税で賄うべく消費増税と法人減税を主張して憚らないのです。
 この点、政府官僚も同じです。社会保障経費の軽減を考えています。ですから、専門家が心配している、米国保険制度の移入による国民皆保険制度の崩壊を、むしろ期待していると思えて来るのです。
 弱者切捨ての矮小社会保障制度に切り替える、そのきっかけを呼び込むTPPです。ようは、自己責任論を振り回した小泉構造改革への回帰です。TPP問題を農業・食糧安保問題とだけ理解していると、本質を見失います。広範な反対世論が必要です。


   死支度すれば年金いただける

   円を売りTPP参加で国も売る


   北風に沿いて傾げる野草の実

   枯草の原に見守る犬の生
スポンサーサイト



コメント
コメント
れいこさんへ
 私の年金も消えたんですよ。神奈川の8年間が消えていました。年金得別便でしたっけ。送り返しましたが未だ、社会保険庁からは何も行ってきませんね。共済年金からはきました。幾らもらえるかも記入したものが。未だ心配なのが8年間の基礎年金部分が入っているのかということです。
2011/11/08(火) 09:02:58 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
留守の間にーー?!
スキップさん
私は、年金のことについては、あの年金記録問題は何だったんだろうと思うております。誰が過去の記録を捨てさせた??
支持したエリートさんがいるのです。
下っ端役人は何の決定権もない雑用係です。最初から試験が違うので、這い上がることもできない。その連れ合いとして思います。いまだ解決しないこの問題をなおざりにしてーー。日本人はもっと怒らなければなりません。どうしてーー??長いものに巻かれてーー。はさみでちょきちょきしてやりましよう。仕方がない、ーーたみの問題に仕方がないはないのです。個々人間にはありうることですがーー。
2011/11/08(火) 07:45:55 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
 カタツムリさんへ
 生駒に行きましたか。私、日本史なんです。ですから、奈良、京都、大阪には深い関心があります。奈良、大阪県境の山々には興味があり、行きたいと思っていたんですが、行けない状況に入ってしまいました。そうなってから、もう10年以上ですね。いきたいです。結構な観光地になっているんですよね。東京で言う、奥多摩や丹沢ですかね。ちょっと違うかな。
 今日はサタデースクールやって来ました。昨年から見ている子供たちなんですが、成長したなと今日は思いました。何か嬉しい気分で帰って来て、ブログを開いたら、カタツムリさんのコメント、さらに、幸せな気分になりました。
 これから、ぼーの散歩に行きます。ことらこそ、熱い関係をお願いします。
2011/11/05(土) 13:20:42 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
ありがとうございます
スキップさん、おはようございます。
昨日もひとり生駒山へ歩きに行きました。
11月にしては暑すぎるほどの快晴。
平日歩きを元気に楽しめるのも早期退職させてもらったお陰と感謝しながらのんびり快適に歩きました。

ところで、私のつたないコメントに丁寧に答えて頂きありがとうございます。
ほとんど人とまじわることがなくなってから、このような熱い会話(スミマセン)を交わすこともめったにありません。
文字という制約がありますが、なにか久々に語り合えたなあと思います。
そうか!一般公務員も職員会議の一般教員と同じなのか。妙に納得してしまいました。
どうぞこれからもよろしくお願いします。
2011/11/05(土) 06:02:47 | URL | カタツムリ #- [ 編集 ]
 カタツムリさんへ
 有難うございました。幾つもの意味で感謝しています。本心を言っていただいたこと、私が当初、こんな方だろうなと思った通りの人格であることを知らせていただいたこと、世間ではあまり受け入れてはもらえぬ私の考えを真剣に吟味の対象にしていただいたことです。
 私は共済年金部分を60歳から支給される最後の年齢です。ですから、今回の厚生労働省の案が実施されても、損はないのです。
 しかし、社会的公正を考えればはやり腹が立ちます。我が儘を行うのに、自分の地位や権力や権威を使うことは卑しいことです。それを教師としてやってしまったと気付くと、落ち込みました。情けなくって。だから、近親憎悪からか、政治家・経営者、官僚には厳しい目をむけるんですね。
 一般国家公務員がなぜ、従順に、自分らの不利益になることを黙々と進めて行くのか。それこそ、組織のいやらしい力学が働いているということですね。
 学校も何時からかそうなってしまいました。職員会議が墓場のようになってしまったことがそれを物語っていますね。そういう学校にしてしまったのは職員会議を校長の諮問機関と位置づけ、職員の多数決を都教委が禁じたことであるとの異議申し立てをしたのが、三鷹高校の元校長土肥先生ですね。それは正しいと私思っています。
 今、強い者が何に憚ることなく、やりたいようにやれる体制を完成させようとしています。その意味で、最後のチャンスです。今、黙っていると下々はされるがままになってしまいます。そういう危機感を持っています。
 今後も、疑問に思うことがあったら、お互いに本心を語り合いましょう。差しさわりのない言葉を交わすだけの関係より、よっぽど、充実した時間を持つことが出来ますよ。どうでしょうか。
2011/11/04(金) 20:38:20 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
スキップさんを怒らせたかな?
こんばんは、スキップさん。
ちょっと言葉が過ぎたかもしれません。
すみません。

私は退職してしまいましたが、まだ年金はいただいていません。まだ数年先です。
受給が楽しみです。新しい山道具が買える、山歩きにももっと行けるなどなど。
少なくてもいいのです。なんとか食べて行ければいいのです。贅沢はしません。
しかし、厚生労働省の下っ端役人はそんなことは考えていないでしょう。その役人がなぜ黙ってこんな無慈悲なことをさせておくのか。
私はそこが知りたいだけなのです。
こんな文字だけでは真意は伝わらないかもしれません。

私はこの世はすべて「利害関係=損得関係」だと思っています。
口でいくらうまいこといっても、損する者がいれば、その反対に得する者がいるのです。円高円高と最近叫ばれ、大企業のパナソニックやトヨタ、ソニーも赤字赤字と騒がれています。しかし、僕らの知らないところでこの円高や金融危機でめちゃめちゃ得をしている者、儲けている者がいるはずでしょう。
今回の東北大震災でも100%だれもが被害=損をしたのではないはず。知らないところで儲けたり、得した者がいるとおもっているのです。こんなことはおおっぴらにはできませんが・・・。

そこで今回の年金支給年齢引き上げで儲ける者、得する者は誰なのかを知りたいのです。

>きっと、単純に、今回のコメントに私が答えれば、
>その内容も想定内のことでしょう。カタツムリさんの真意を、
>本心をよければお聞きしたいのですが。

こんな深いことが考えるほど私は賢くはありません。
いたって単純な男です。だから高校教員も60前、52歳で辞めたのです。
2011/11/04(金) 18:15:30 | URL | カタツムリ #- [ 編集 ]
カタツムリさんへ
 おはようございます。天気はよいのですが、その分、寒さが身に沁みます。昨日は、父の命日でした。丸12年経ちました。我が家は神道ですので、13回忌はやりません。
 カタツムリさんが全てご存知だと分かっていました。分からなかったのはこの質問をする真意です。分からないまま、私の答えも予想出来ておられるのだろうと知りつつ、正直に思うままを書きました。
 きっと、単純に、今回のコメントに私が答えれば、その内容も想定内のことでしょう。カタツムリさんの真意を、本心をよければお聞きしたいのですが。
2011/11/04(金) 09:02:18 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
頭が悪くてスンマセン
早速回答頂きありがとうございます。
事務次官や局長、部長?に出世していくエリート高級官僚がいることは知ってます。
出世競争に勝ち残って、ピラミッドの頂点近くに行くのです。
こんな奴らはおっしゃるとおり、給料も高く、しかも、天下りで老後もほとんど仕事もしなくてまたまた高報酬が転がり込んでくることもしています。そのための受け皿的な○○協会や○○財団○○研究所などがあることも知ってます。そのような組織から見もしないパンフやリーフレットが送られてくることも知ってます。
しかし、厚生労働省や年金庁にもヒラや出世レースに負けた物、乗り遅れた奴らが高級官僚以上にたくさんいるはずです。このような奴らは老後、年金で生きて行かなくちゃいけないのでしょう???
なぜこのような奴らが文句も言わずに年金を減らす、支給を遅らす仕事に黙々と従事できるのでしょうか?
これこそ「公務員は公僕」滅私奉公じゃないですか?
頭が悪くてスンマセン。
2011/11/04(金) 07:08:51 | URL | カタツムリ #- [ 編集 ]
 カタツムリさんへ
 高級官僚にとって、年金なんぞ、たいした意味が無いです。退職後、特殊法人の理事長だ、理事になれるんですから。それも渡り歩き、退職金を何千万と持ってゆくんです。
 その道を確保するために、彼らは時代に合わなくなった無駄な仕事を維持し、また、新しく作ってゆくんです。ですから、役にも立たない特殊法人はなくならないし、また新しく作られてゆき、二百数十の特殊法人が出来ました。彼らの特殊権益のために税金が無駄に使われています。
 学校に何とか財団とか何とか協会とか言うところから学習用パンフレットが来ています。特に社会科にはおびただしい数が来ています。それらの多くが特殊法人、つまり、天下り法人です。
 役に立たないどころか、使ったら害になるから、年度末に捨てていました。その中には電力開発協会というような名でしたか、原子力は安全だというパンフが来ていましたよ。カタツムリさんの学校にもたくさん来て居たと思いますよ。
2011/11/04(金) 00:56:00 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
官僚も公務員、年金もらうのでは???
こんばんは。
スキップさんに質問です。
基本的な質問でスミマセン。
官僚や国家公務員、社会保険庁や厚生労働省の役人や公務員も年金もらうのでしょう。
自分の利益や役得、権益や既得権を最優先にする役人がなぜ年金の受給年齢を引き上げようとするのですか?
自分がソンするのに。
教えて下さい。
2011/11/03(木) 22:05:09 | URL | カタツムリ #- [ 編集 ]
はなさかすーさんへ
 冗談で皮肉っていたのですが、本当に総理大臣がアメリカの地方官のように振舞っていますね。ため息が出るばかりです。ワンマン社長の前で、思考停止になっているひ弱な社員のようでもあります。
 規模は違っても、多くの方々が、死ぬ程の覚悟でことに自分の与えられた場で、あったっているのではないでしょうか。それを思うと政治家達が小さく見えてきますね。
2011/11/03(木) 19:38:50 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
アメリカの友人
スキップさん、こんにちは^^

アメリカの51番目の州であるだけではなく、よき友人と
して肩を組んで行きたいのでしょうね、官僚も政府も。
それは、日本独自の道を歩けない夢遊病者みたいな
ものです。ポリシーと知的な創造力を持たないと、真似を
するほかないのでしょう。それが現実の日本の力です。

90年代から年金は破綻するだろうから、僕らは摂られる
だけだろうね、と思っていたことが本当になりそうです。
この20年間、国民も景気のことばかり要求してきたから
でしょうね。政治改革は絵に描いた餅でしたね^^
2011/11/03(木) 17:31:17 | URL | はなさかすーさん #dSgqtt7g [ 編集 ]
 最大級のお褒めの言葉、恐縮です。残念ながら、東京新聞に出なく「週刊金曜日」に送りました。東京新聞は一ヶ月程度載った後載せない決まりがあるようです。金曜日はそれが無いようなので。今、東京新聞ようの記事を書いているところです。
 俳句はどこに行かねばかけないというものでは無いんでしょうが、同じ生活をしていると題材に苦しむことが多いですね。些細なことにも美を見つけられる感性が、気付きが必要ですね。
2011/11/03(木) 07:54:37 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
うわ、冴えてる。
スキップさん、相変わらず鋭い筆の先。今度こそ楽しみにしています。これを載せないようでは東京新聞もセンスが無いと疑われてしまいますよ。川柳と俳句が二句ずつですね。どうしてそんなに器用に使い分けられるんでしょ。

国は、年金の需給年齢を簡単に引き上げようとしますね。これは大変な問題なのに。。。現在需給している人たちも痛みを分かち合わねばと思います。。。本当に川柳のように、死に支度してから年金を頂いても、使う元気もありませんよね。

2011/11/02(水) 19:28:56 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック