FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
浦和の鰻を食う
 年に数度の甥健史とのグルメ旅。鰻が食べたいと言うので日本橋を考えましたが、実は、生まれ故郷埼玉川口や越谷、浦和はその昔、川が走り、池や沼も多くあり、鰻が多く食べられていた地域なのです。現に、現在も浦和は鰻消費量日本一だそうです。何も東京に出る必要はないのです。
 そこで、浦和駅に集合、うな重を食べることにしました。「満寿家」さんに向いました。浦和には伯母が嫁いでいましたので、よく行きました。美味い鰻屋のことは聞いていました。というか一度食べたような記憶があります。
 「板東太郎」という名の鰻があるそうで、それをうな重にしているのだそうですが、残念ながら、昨日は入荷してなかったのです。しかし、いただいたうな重は最高級でした。蒲焼は薄味のたれで焼いています。しかし、ご飯に掛けてあるタレは濃い味でした。鰻の味が分かるように、蒲焼は薄味、ご飯はそれでは物足りないので、濃い味なのでしょう。甥も満足の逸品でした。


   うなぎ食べ帰りすがらの落葉焚

   気が付けば宵闇迫る喫茶店

   宵闇に急かれて出でし喫茶店

   出た宵はネオン鮮やか秋の風


   青年期経ずに老化の民主党

   古希支給受けて始める死支度

   未熟から未練を生きる六十路かな

   借金と原発子等に残さない
スポンサーサイト



コメント
コメント
彼岸花さんへ
 いつも、丁寧なコメントを有難うございます。毎回、何も付け足すことなく、全てを共有できる安心と信頼を感じることが出来るコメントです。
 日本にもアラブの春、二ューヨークと同じ動きがおきかかっているようです。福島では11基すべての廃炉を県議会が求める決議をしました。どうも、そうしないと県議選に勝てそうもないという判断に自民・民主党県会議員が思ったと言うことですね。これは彼岸花産仰るとおり、お母さん達の成果ではないでしょうか。
 また、東京高円寺で、若者中心の脱原発集会が開かれると聞いています。確かに、今いからねば怒る時がないですね。
2011/10/22(土) 12:37:30 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
青年期経ずに老化の民主党

私も一票です!

おはようございます。
民主党。どうせ第二自民党だよな、と思いつつ、
民主党政権が誕生したとき、でも、これでようやく自民党の
長い長い単独支配に終止符が打てると、少しは喜んだ私。
でも、結局、第二自民党でしかありませんでしたね。
私が、もっとしっかりしてよ!と思いつつ、菅さんをそれでも
ずっと応援していたのは、彼の中に、どこかまだ、若々しい青年の気が
あるような気がしていたからです。
変えようと思ったら、後先のことは考えず、ズバッと変えていきそうな、青年の気が…。
それはおそらく、彼の中に、市民運動していた頃の若い気分が
多少なりとも残っていたからだろうと思うのです。
他の政治家には、たとえ若くてもそれが感じられなかった。
でも結局、菅さんは、それゆえに、引きずり降ろされてしまいました。
どうせだったら、徹底して戦って欲しかったのにな。

私は、日本自身も老いてきたな、と思っています。
がっかがっかと経済発展を成し遂げた若い日本。
本当はこれから、円熟した、深く、味のある、いい中年期に
さしかかるはずでした。でも、一足飛びに、日本は老齢期に
入ってしまったような。
酸いも甘いも噛み分けた練達の老齢ならいいんです。ところが、
なぜか老醜の政治家や経済人たちが権力にしがみついている間に、
若かった者達までが、若さを失ってしまったような・・・・・。
石原幹事長や野田さんの顔に、青年の気、というようなものは感じられませんね。

救いは、今、若いお母さんたちが、子供を守るために、
真剣に勉強し始めたことですかね。
国民一人一人が、声を上げていくしかないのですね。
私も細々とでも、頑張ります!いつもありがとうございます。
2011/10/22(土) 11:27:33 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [ 編集 ]
れいこさんへ
 秋の夜長、何の必要に追われるのではなしに、好きで、楽しみで読む読書は至福の時間となります。長い間、読書とは教案作りのためのそれでしたから、楽しみと感じは無かったですね。最初の数年間は深夜までに及ぶ、苦業でした。その後も、そこまでは行きませんでしたが、仕事であり、読書は授業を構成するための材料探しでした。
 実は今も、教科書作りの読書なんですが、時間的制約が無いのが救いです。
2011/10/21(金) 20:16:04 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
またブルです。近頃眼鏡が合わんようになった私です。
スキップさん
父の本棚のこと、コメントしてくれていたのにーーありがとう。
私がちょこちょこと持ち出しているのに、書庫にはまだまだたくさん読みたい本があるのです。
本に埋もれて地震が来たらーー。父に貰った幸せをかみしめながらも、すこしでも読んで満足するのではなく、生きることにつなげていかないと単なる本好きで終わることになりかねませんね。厳しいことだけど、父の遺言のような気がします。そう親達の世代はえらかった。私達はーー。
2011/10/21(金) 17:20:44 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
私も一票!!
スキップさん
青年期経ずに老化の民主党  気が付いていましたが、書くのを忘れまたブルといわれそうでーー。あとどうして食欲をそそるような句を!! あんこ食う飼い主に似てグルメ犬
昨夜のニュース番組で総理のインタビューを聞いていて、では海外向けの世界一安全な原発にむけて努力すると言っていた矛盾をつかれて、ごまかしていたら、このごろNHKのほうが民主党より反原発じゃんとうちでうちでは笑っておりました。まあ一応政府の言うこともくみながらもーー。HNKも全部が全部ではありませんがーー、老化どころか老害にならないうちにーー。他の長期老害政党(原発をいれた)と共に国民の意思で去ってもらわねばなりませんね。
卵とじ正体見え推進派
推進派わかってしもてどぜうしょ    
それにしても、うなぎが食べたい、はは。夏より秋から冬にかけての法が旬だそうですね。土用の丑の日に食べると精ががつくと宣伝したのは、平賀源内という説もあるそうですね。
ああますます食べたくなった。いつもは卵鰻巻きでがまんでしたがーー。
2011/10/21(金) 10:40:30 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
 一人当たりの消費量のことだと思います。甥の情報です。と言うことはインターネット情報でしょう。そうであってもおかしくはないです。母は川口出身ですが、母方の実家が浦和にあり、鰻を持ってきてくれたことを覚えています。豊かな田園だったのでしょうね。
 そうですか。気に入ってもらえましたか。東京新聞に送りました。載るとすれば明日です。しかし、載らぬとも美代子さんに気に入ってもらえれば十分です。
2011/10/21(金) 09:25:01 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
れいこさんへ
 我々の親の世代は、偉い(大変と言う意味も含めて)ですね。死なれてからそう思うことが多々あります。すぐ身近に、見本があったのにそれに気付かずに終わってしまいました。
 お父上が残された本、それに影響された半生だったようですね。それも幸せなことですね。
2011/10/21(金) 09:20:55 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
お見事!
   青年期経ずに老化の民主党

 スキップさん、おはようございます。この一句、気に入りました。お見事です。きっと新聞に載るでしょうね。全くその通りだと思いました。早々と原発推進に回る野田氏にはがっかりしました。国民を敵に回すようなことばかりして、何を考えているのか分からないです。

浦和は、鰻消費量日本一だったんですか!知りませんでした。私は今でも 浜名湖畔で食べた鰻の美味しさが忘れられません。 お代の高さも最高だったけど。・・・
2011/10/21(金) 08:59:16 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
私の父もーー。
スキップさん
私の亡父は酒飲みでした。医者から止められても浴びるようにのんでいました。戦争や抑留中の話を聞いたのは数えるほどしかないけれど、大人になって思いました。浴びるように飲まないと眠れなかったんだと。そして寝ている時大きな声で何度もうなされていました。
そのことが忘れられないです。その父の本棚に大きく影響された自分がいます。巻に誘ったのも父なんです。その意図は聞けずじまいでしたが。
2011/10/20(木) 18:26:54 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
草加ヒロさんへ
 そうですか、浦和で、急接近していたんですね。でも、すれ違っても、お互い分からないでしょうね。卒業して、二十五年ほど経ちましたか。
 浦和も変わりましたね。といっても、自分が知っている浦和はもう40年前の浦和ですが。旧中仙道には古い商家が並んでいました。今は何軒も残っていませんね。その一軒、御茶屋さんが古い建物を利用して喫茶店をやっています。そこにも行ってみてはいかがでしょうか。
2011/10/20(木) 09:41:12 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
れいこさんへ
 叔父甥の関係で、成人してからも何でも話せると言うことは珍しいでしょうね。自分はそういう関係に無かったですね。父が生きていた頃まで、旅行に行きましたからね。
 鰻屋という落語があるくらいですから、江戸期にも鰻は人気の食べ物だったのでしょう。うな重は相当な発明品ですね。
 戦争に人生を変えられてしまった人で、溢れていた時代がついこの間まであったんですよね。晩年、夜中に父が居間の椅子に腰掛けているところを何度かみました。今思えば戦争の夢を見て、眠れなくなったのではないでしょうかね。
2011/10/20(木) 09:35:40 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
こんばんは。
鰻は美味しいですよね。私も大好きです。
浦和には名店がたくさんあるようですね。
今度行ってみたいと思います。
ちなみに私も仕事で移動中、ちょうど昼過ぎに浦和で乗り換えしてました。
昨日は天気が最高でしたね。
2011/10/19(水) 18:27:01 | URL | 草加ヒロ #- [ 編集 ]
どぜうは食べたくない!!あいつは食えない奴
スキップさん
今年の夏はとうとう鰻を食べなかった。通院しているクリニックのそばが鰻やなのよ。良い匂いが漂ってきて、よくもまあうなぎ屋のそばなのに平気で通えたものだわ。はは。我慢して。なんだか無性に食べたくなりました。家計の見直しとかなんとか考えてるとくさくさします。
妬け食いして、また自己嫌悪におちいるだろうけど、ーー。

私は母を誘い通院の時食べにいきます。母と外食できるのもいつまでかわかんないから、悔いなきように。
グルメ旅男二人の暖かさ  おじと甥も素敵ですよ。  

スキップさんは寅さんとはイメージがちがうけど、思い出しました。叔父さんと甥というのもなかなかはたでみていると好い関係ですよ。
私には大好きで、それでいて、考え方は正反対の叔父がいました。うちに犬やら猫やらを持ち込んできたのが叔父です。今思えばかわいそうな人でした。終戦時少年で、ずっと考え方が変えられなかった。動物が大好きで純粋な人だったけどね。人々の運命を変えてしまったもの。原発もまた。そういえば吉岡君(子役で寅さんの甥をやっていた)いい役者になりましたね。
2011/10/19(水) 17:24:45 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック