FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
涙だけは
 山折哲雄さんの「宗教の行方」の中に「涙だけが違う」とあります。何が何とどう違うのでしょうか。
 身体の中にあったものが体外に出ると汚くなる。正確には、汚く感じるようになるというんです。大便・小便、鼻水。鼻の中にある時には、飲み込みもしますが、ちり紙に吐き出した鼻水をまた口に入れる人はまずいないでしょう。汗、鼻血どれも汚くなります。
 しかし「、唯一、涙はそうではない」と山折さん。なるほど、美しい涙と言います。しかし、美しい小便・大便とは言いません。言ったら、変態と間違われます。山折さんはどうしてそうなのかを答えません。そこで自分で考えると、涙は「人間の感情や精神とつながっている」とは言えると思います。人間らしく生きた者はそれゆえに、涙を流すことになります。
 ところが、人間は泣かなくなったといいます。バブルの頃からではないかとも言います。また、昭和16年に柳田国男が「日本人は泣かなくなった」と言ったそうです。この二つの時代の共通点はなんなのでしょうか。考えてみる価値があると思います。


   新米も「直ちに」付きの安全で

   安全と言われ疑う癖が付き

   携帯に内向き社会極まれり

   幼稚から未熟を生きる六十路かな

   愛犬のお尻ふりふりバッタ飛ぶ

   庭ならで畦の野草に秋の印

   ガトーショコラ人も味わうティータイム

   木々の影日差しは薄く秋は濃く
スポンサーサイト



コメント
コメント
今日は私が
スキップさん
今日は私が惑っていました。だって昭和二十年代に今の年だったら、戦争後すぐでしょう。そうですね。現代史をひもといて考えてみなければわかりませんが、スキップさんだったら60年安保に参加していたでしょう。私はどうかな。答えにならないけど、私も60年の時樺美智子さんがなくなったテレビ報道見てショックを受けたひとりですからねえ。団塊世代でなくても、時代の子ですよ。
でも同じ年に生まれて同じような事見聞きしても、違うんですよねえ。いえ誰がわるいとかいうことではなくて。
でも今は、、考えてくれる人を増やすしかないのではと思いますよ。スキップさんの種まきではないけれども。
見当違いのことを言っていたらごめんなさい。
オール電化だの言っていたのに、国民に電気が足りなくなるとたいへんだという事をうえつけるために停電だの節電だの世論誘導されて、皆それなりには、はっとした部分もあると思いますよ。でもまだまだ、夜明けは遠い?近くしないと大変です。日本は愚かな国だと歴史に名をのこすでしょう。
2011/10/17(月) 18:23:29 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
れいこさんへ
 衣食足りて礼節を知る、はずなのですが、衣食足りて野蛮に帰る、資本主義です。
 成熟とは脂ぎらないこと、動から静に、熱から冷、貧から満、求めるから与えるに変わることですよね。豊かになることで、より貪欲になることを美しいと見る今のアメリカの資本家です。そのまねをしている、追従しようとする日本の支配層です。これとの戦いですね。その一つが反原発で、反TPPですね。
 年を取ったからこう考えるのかとも思うのですが、時代なんだと見るほうが事実に近いのではないでしょうか。もし私が昭和20年代に今の年齢だったら、違った判断をしていたと思いますね。
2011/10/17(月) 09:42:47 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
ついてきたくない。私も
スキップさん
まちごうて、一度消してしまい,泣いて、打ち直し、投稿したら大連立の所でした。そそっかしいのがばればれね。お笑い下さい。
日本史に弱い私は思わず、年代物の年表(定価100円の)をひっくりかえしました。そんなに伝統のあるお祭りなんですね。
そう、この五十年私達が物心ついてオリンピックの前からくらいからの変化がすごいですね。空恐ろしい。
思えばあの恐ろしい発電機、東海一号機、、万博、なんか未来は輝いているように思わされてきた。
♪光るなんとか芝なんていうCMとともに、なんか皮肉ですねえ。勝ち組とか、負け組とか、ーー。あげくのはてにはこの大事故。
ブータンの事が紹介されていたので、読んでみました。
国民総幸福度指数というそうです。
http://www.murc.jp/report/quarterly/200801/05.pdf
アメリカの99%の問題にしろ、もう矛盾きわまれりですね。
♪夜明けは 遠かったどころか、最悪の事態になってしまいました。でも子孫につけを回すわけにはいきません。諦めないことが大事かと。
為政者は国民が忘れて行くのを望んでいます。でも忘れるはずないではありませんか。放射能ストロンチウム、プルトニウムの半減期の長さを思えばーー。
2011/10/16(日) 23:46:05 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
れいこさんへ 
 昨日今日と水神様のまつりの交通整理をやってきました。祖先様と少し接することが出来たような気がします。なんと、350年続いている祭りです。
 しかし、この50年の変化はその前300年間の変化を何倍かしたそれですね。恐ろしいことですが慣れっこになってしまったというか、それに付いてこない、付いて来られない者は省くと言う時代になってしまいました。
 そんな考え方は我々が子どものころでさえ、例外的ではなかったでしょうか。付いてゆけないではなく、付いてゆきたくないですね。
2011/10/16(日) 22:26:17 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
スキップさん
失礼しました。これからなら、歌も聴けます。前のは歌詞だけみたい。よくわかんないのだけどね。
これをやっていた頃はスキップさんは現役でしたよね。

http://www.youtube.com/watch?v=0KfH9DEOXKk

今、人として思うことはーー、これも歌うならそう生きろ!!ですね
2011/10/16(日) 17:37:38 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
私等高齢者は十分生きたからーー子供達のことを
スキップさん
水、空気、土が汚染されてしまった現実。恐怖がつのりますが、
スキップさんのおっしゃるように、そんな輸出ができるといいのですが、まず足元からでしょうね。
私はODAと原発輸出の関係疑ってました。ググると
原発輸出とJBIC融資とODA(JICA) というのが出てきて、大変勉強になりました。フランス猫さんのブログも。
また惑いそうです。詳しくは私のブログで。
元気が出ないので武田鉄矢さんの人としてを聞いていました。私は♪暮れなずむーーも好きですが、これはもっと心に響きます。http://music.yahoo.co.jp/lyrics/dtl/KAA003948/AAA094926/
2011/10/16(日) 17:28:03 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
れいこさんへ
 このままでは、癌発病者数は激増するでしょう。と他人事のように言って入られませんが、そうなることは間違いないですね。あまりに、放射性物質基準が甘いです。週刊金曜日にありましたが、20倍から50倍甘いんではないでしょうか。
 加えて腹立たしいのが原発の輸出を国家事業として推進しようとしていることです。エネルギー政策を何も変えようとしていない証拠です。危機意識がありません。文明を根本的に考え名を隙が無いんです。
 我々が成すべきは人類が生き残るための、新しい文明論の構築とそれに基づく実践とそれを輸出することではないでしょうか。
2011/10/16(日) 10:02:09 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
不検出だそうです。
スキップさん
私もしらべてみましたが、不検出と出てきました。当該地に行くことも出来ず、HPぐぐっただけですが。暫定基準値以下は不検出だということらしいですが。
たとえば、その値が20であった場合、19でも不検出だということなのか、わかりません。旧ソ連のあの事故のあとの基準値より日本のそれは甘いというか、人体への影響を考慮していないともいえそうです。
だいたい、ストロンチウムなどの半減期が長いものがとうに出ているはずなのに、今頃発見されたと出してくること事体、国民、特に子供達の健康を何と思っているのかと思います。

歳月や時空を超える半減期

 


2011/10/15(土) 22:00:51 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
美代子さんへ 
 「世の不幸知りて動かず茄子焼く」と言うところでしょうか。落ち込んでいると言うより、迷っているんですね。不惑の四十はとうに過ぎているのですが。
 ところで、美代子さんが言っていた俳句頭と川柳頭のこと、理解できなかったのですが、分かりかけていた時に、昨日の西原元気さんの俳句に出会いはっきり分かりました。彼の句は私が目指している句ではないかと思います。
 そこで、自分の俳句が川柳であると言うことに気付いたのです。「新米の自慢いつしか愚痴となり」「汚染地を主人探しの犬歩く」これ、俳句のつもりで作ったんです。後者は季語が無いので川柳だ、と気付きましたが、前者は全く気付きませんでした。
 そう思うと、俳句のつもりで作ったのに川柳だと思われるものが幾らでも見つかりました。「一日の軽さを笑う蟻の列」「蟷螂の思索極まるメスの影」「何もなく秋に未練のアイス食う」「愛犬も闇から出でて月見かな」「栗ロール人も味わうティータイム」
 それを確かめるべく、川柳で送ってみます。採用されるようなことがあれば、今述べたことが実証されますね。
 
2011/10/15(土) 07:09:15 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
不可解なんです
今日、近所のおじさんの所へ野菜を買いに行きました。奥多摩の干し椎茸があったので、濃い放射能が降ったとの報道があったけど大丈夫なんだろうかと訊ねたら、印刷物を見せてくれて、全て不検出となっていました。そんなわけはないのにと思いながら帰ってきましたが、やはり、隠蔽だろうかと疑っています。お米も不検出だそうです。これは、各家庭で検知器を買って調べるしかないなあと不安に思っています。実際には相当汚染が進んでいるような気がしますね。

スキップさん、落ち込んでますか。元気出してくださいね。
2011/10/15(土) 00:16:49 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
 今日は市役所に千葉県の米放射性物質検査の実数値を聞きに行きましたが、担当者や課長さんまでが幕張で行われている市物産展に出張と言うことで、聞けませんでしたが、どうも、件はしに実数値を教えていないか、市民に言うなと言っているようです。県に聞くしかないようです。そこにちょうど共産党市議のTさんが来ておられたので、県委員会から県に聞いてもらうことになりました。ラッキーでした。
 そして句会、色々勉強になりました。
2011/10/14(金) 17:05:16 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
いえいえ
スキップさん
私、スキップさんの文章 一日 今朝朝やっと目が覚めてからコメントしたのです。昨日はできませんでした。その割にはーー。
私のコメントおかしかったら、遠慮なく指摘して下さい。それにすぐこたえられないかもしれないけど、それがまたわたしの考える力になっていくと思います。
私も60近くになってこの若さでなくて馬鹿さ!!幼稚なのは私です。
新米も「直ちに」付きの安全で   ーーうちは自家米なので
ここの所、とても苦しんでいます。連れ合いと義弟の汗の結晶ですから。農家の苦しみ実感です。
新米の喜びいずこ秋深し  です。
2011/10/14(金) 10:04:05 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
れいこさんへ
 今日は返事がまとまりません。書くに書けない思いが渦巻いている感じです。心乱れてと言う歌がありましたね。幼稚を生きて未熟を生きる六十路かな、です。
2011/10/14(金) 09:30:14 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
れいこ
スキップさん
人は血も涙もないと言う言葉を使います。
でも、血がなかったら人間は生きられません。だからこの言葉の意味するところは、人間としての感性を失った人の残酷性、人の困難や、生命の危機に関する想像性の欠如ゆえんの言葉だと思います。
山折さんは宗教学者として有名なかたですが、そういうこともいっていらしたのですね。勉強させていただきました。

反面、あまりに恐ろしい現実を見ると、深くおちこみますが、あまりの驚愕に涙もでないこともあります。
またなれっこになってしまうと、涙がでなくなるという人もいます。
世にも恐ろしい事がおきてしまった今、人として生きるにはもちろん涙を流す感性と、それを許さない心と、被災された方々、事故収束にむけて命をけずって作業をされている方とそのご家族の御心配に対する洞察力、共感性が必要ですね。人としてーー。そしてあとはそれぞれが出来る事を出来る形で、伝えて行くこと。大切なのはーー。
2011/10/14(金) 05:53:18 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック