FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
志位さんの鋭い質問に拍手
 母はなぜか国会中継が好きです。聞いているんだか、分かっているんだか分からないのですが。今日も国会中継を観ていました。と、ちょうど共産党の志位委員長が質問していました。
 東電の社長が「責任を感じています」と答えると、つかさず、「今度の事故は人災ですね」すると社長はその質問に答えませんでした。責任を感じると言いながら人災ではない、この認識が分厚い被害申請書類に表われている、と畳み掛けました。説明書と申請書を合わせて百数十ページに及ぶ書類を送る付けたのは申請を諦めさせるためと思われてもしょうがない。第一、加害者が被害者をさらに苦しめるような申請書の提出を求める神経が分からない、というのです。全くその通りですね。
 野田内閣の閣僚の答弁も同じようなものでした。原発再稼動の用件として、電力会社によるストレステスト、それを保安院tと原子力安全委員会が精査して、認可するというんですね。しかし、国会の委員会が提出を求めた原発安全運転マニュアルを真っ黒にして出した電力会社を、やらせを主導した保安院を、情報を隠蔽して住民に放射能を浴びせ掛けた原子力委員会を誰が信用するでしょうか。志位さん国民の言いたいことをぶっつけてくれましたが、閣僚からは、結果、幅広い人材を再稼動審査に加えると確約する答弁は聞かれませんでした。

   はぐらかす答弁先に復興し

   官僚に習う答弁野田政治

   東電の厚顔ほどの書類束
スポンサーサイト



コメント
コメント
 私が教員になったことは、選挙で選ばれた議長団により、職員会議が運営されていました。生徒の進退に関わること以外は、多数決で決められました。議題提出権は各分掌、学年、管理職、委員会、5人以上の提案全てが取り上げられました。
 しかし、大分前から、学校の民主的運営はもう遠い時代になってしまいました。そんな中、職員会議の多数決決議を否定された土肥校長が異議申し立てをしたことは凄いことです。同時に、校長までが各校の歴史・・特徴をを否定する、画一的、中央集権というか教育委員会絶対の学校運営に危機感を持ったんだと思いました。
 権限を強化した教育委員会に校長は言いなりです。そこが大きな間違いです。教育委員会は本来教育環境を整えることが最大の仕事です。教育内容や、学校運営に絶対の権限など与えられていなかったはずです。それがまったく変わって島タンですね。
 土肥校長を支援することは学校の自主性、独立を守る戦いです。
2011/09/29(木) 21:31:00 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
嬉しい事ですよね。
スキップさん うれしいでしょう。私も生物の先生なのに授業中大江健三郎を読んでくれた先生を本気で捜したくなりました。スキップさんを探すほどかんたんではありませんが。その先生のお父様は私達の大学のある経済学の先生でした。時間割の関係でとれなかったですが、休講のときなどもぐりで聞きに行きました。ご挨拶はしたようなしなかったような。記憶がないのです。先生の方は10と離れていなかったはずですからお元気でしたら、ご活躍とは思いますが。私のブログを見て頂けたら、仰天でしょうね。そういえば私は実習しただけで転向しましたが、その中学生達が書いてくれたざら紙の感想文まだ持っています。捨てられないのです。もうぼろぼろだけど。山上億良の貧窮問答歌を読んで聞かせました。瓜食めば子ども思ほゆ 栗食めばまして偲はゆ 何処より来たりしものそーー。生徒達は生き生きして聞いてくれました。
教育とは共に未来を語ることーー今の教育現場は?と思います。息子達がお世話になった良心的な先生は皆、定年前に辞められてしまいました。今お一人だけ残られていますがご心痛やいかにと思います。
息子の高校の校長の裁判の話読んで頂けましたか?お暇がある時でも覗いて下さい。もう6年もたってしまいましたが、そういえばスキップさんが辞められたのもその頃ですか?東京もひどくなったものだと、保護者として思います。
憲法改悪のための国民投票法成立、教育基本法改悪、同じあの内閣の時でしたね。私の記憶違いでなければーー。
 
2011/09/29(木) 14:00:19 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
れいこさんへ
 実は、草加ヒロさんは昔私が勤めた学校の卒業生です。私、日本史を担当しました。恥ずかしながら、うっすらとしかヒロさんのこと思えていなかったんです。うっすらとは、理系クラスにもかかわらず、熱心にに聞いている男子がいたということです。どうもその生徒がヒロさんではないかと思っているんです。
2011/09/29(木) 12:13:05 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
共に、小異を捨てて大同につきましょう。
スキップさん
19才の時、巻町とであってしまった私。新潟県巻町はあの頃原発立地予定地でした。あの頃も周りに理解されなくて、たまたま知り合った工学部の友達に原爆とのちがいを教えて貰い。原子力の平和利用には違和感を持ってしまった私です。。その後組合、子育てでも私の意志とは違っていた時期が長く、葛藤は大きいのですが、そんなことを言っている場合ではないことを感じています。(それでも時々は支持してきましたよ。)
命の問題、平和の問題、憲法を守ることにおいては、私は小異は捨てます。
ヒロさん私は、都心に行くことがめったになく警察がT電を守っていると聞いてびっくりしました。ありがとう。国のあり方としてはまたまた疑問がわきましたが。反対派がテロでも起こすとでもおもっているのでしょうか?それとも反対意見が広がるのを恐れてでしょうか。
カウンター取り締まりの幹事長発言は、子供を守るために広がった若いお母さん達のネットワークにヒステリーをおこしているのでしょう。私は扱えないのでやめにしておきますが、スマートフォンにもガイガーカウンター付きのがあるようですね。
昨日のクローズアップ現代でもお母さん達のネットワークをとりげていました。旧ソ連の事故の時、次男がお腹の中にいました。あのときの私はパニックで生協と喧嘩をしました。その時冷静だった連れ合いも、技術にたずさわる仕事人として今度のことは激怒しとります。回りの人におだやかに伝えていきましょう。まだ気づかない人に静かに、わかりやすく伝えるのが反原発です。デモにも行けないあまり動けないおばさんですが、40年近い{空白ありきだけど)スキップさんとの約束です。
2011/09/28(水) 21:58:20 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
 草加ヒロさんへ
 よく共産党は怖いと言います。それは戦後、進駐軍によるレッドパージで公職を終われ、市民権を奪われるような状態にされたこと、下山事件、三鷹事件、等の列車転覆事件を共産党の仕業とし、テロ集団との宣伝がされた結果です。それが未だに残っているんですね。
 どっちが怖いって、紳士面して、権力を振り回すお偉いさんたちのほうがどれだけ危ないか。芸能界もそうですが、政界はもっと裏社会と結びついているんですよね。それで、死に追いやられた政治家の話は後を絶ちません。
 父の二番目の姉の夫がシベリア抑留され、ロシア語を大学で勉強していたもので、通訳にされ、それがきっかけで共産主義者になって帰って来ました。そのおじの家には私服警官が何時も監視していたと、父が言っていました。それだけ、当時の支配者にとって共産主義は危険だったんでしょう。それは資本主義を否定するというだけではなかったと思います。国民の多数派が共産党の主張に共感することを恐れたんだと思います。
2011/09/28(水) 18:54:27 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
こんにちは。
全くですね。
私も特に共産党員ということではありませんが、ごくごく一般の、庶民の感覚で意見を言うのが日本共産党だと思います。(ちなみに以前聞いたのですが、他国の共産党と区別するため頭に「日本」の文字を入れると言っていたのを思い出しました。)
しかし、この「庶民」という尺度というものが、そもそも違うんでしょうね。
世の中の選挙に行く人達の庶民感覚が違うから、政権を取るまでいかないんでしょうか。
また、れいこさんの言う、警察が捜査していないのでは…と言うのも同感ですが、警察はむしろ東電を守ってます。
たびたび、都内の東電本社前を通りますが警察車両が何台もずっと待機し、警官が立っています。
まるで首相官邸周辺のように。
東電が自腹で警備会社をやとうならまだしも。。
また、原発が爆発した何日か後、福島県浪江町と書かれたバスが東電の駐車場にあった時は、やり切れないというか、なんとも言えない気持ちになりました。
2011/09/28(水) 13:11:28 | URL | 草加ヒロ #- [ 編集 ]
 その通りですね。何をして起訴するかしないか、自分には分かりませんが、業務上の刑事責任を問えるように思いますよね。わき見運転だって、それが原因で、死亡事故が起きれば、業務上過失致死罪が問われるのに、地震による津波の危険があるあると指摘されながら、安全対策をしてこなかったんですからね。
 教員時代に、部活での怪我等は管理者責任が問われるとずいぶん脅かされたものです。部活の安全指導には気を使いました。私ソフトボール部の顧問を長くやっていたんですよ。ベースは固定にしないで置くだけのにしました。スライデイングで、足を折るんです。ホームベースには厚みがあります。そこにボールが当たるとバウンドが変わり、取れないことがあります。もちろん怪我に結びつくこともあります。その段差をキャッチャーに砂を掛けるように指導しましたよ。いち早く、ゲーターれードを導入しました。これはアメフトの顧問がアメリカ式の指導をやっていて、水は飲ませないと危ないといわれたんですね。昭和50年代前半はいまだ、精神主義が一般的で水は飲めば疲れるとかいって、我慢させていたんです。良い先輩がいて助かりました。
 いろんなことを思い出してしまいますね。速かったとは言え、やはり、60年間は長い。
2011/09/28(水) 09:21:46 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 さより庵さんへ
 真っ当なことを言っている政党がなぜ伸びないんでしょうか。私、赤旗日曜版はもう35年、日刊も5年ほどになりました。でも、共産党員ではありません。憲法9条と人権条項を大切にするという政治上の考え方が似ているだけです。そうすると、戦後教育を受けた人なら誰でも同じではないでしょうか。当たり前の日本人の常識を政治家が持っていないだけです。持っている少ない政治家が共産党に集まっているだけですね。産経新聞を何十年読んでいた、父が晩年、日曜版を読んで、「今回は共産党に入れた」といったんですね。まともな生き方をしきた人なら、赤旗の主張の中に自分を発見できる証拠です。
2011/09/27(火) 22:21:52 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
私も見ました。
スキップさん 
私も、見ました。自民党の輩が質問する時は、私はひとりでテレビの前でヤジを飛ばしています。そんなことしたってなんにもならないのに、ーー。志位さんの質問がすっと胸にはいりました。それに対する答弁。彼等は福島のグランドゼロに住むべきです。孫子連れて、これって人権侵害でしょうか?
そうよねあんな申請書分厚い、被災者に読め、という態度からして高圧的。
あの会社の社長は歴代経団連のトップを務めていましたが、ろくなリスクマネジメントもできない事を全世界に広めてしまいました。福島の事故は犯罪です。何故警察の捜査がはいらないのでしょうか?私見過ごしてますでしょうか?聞いた事がないのですが。あの天竜川の川くだり事故にも、ユッケ事件にも捜査が入りましたよね。国策だと司直の捜査は、はいらないのでしょうか?
教えてスキップさん。!!


2011/09/27(火) 22:17:03 | URL | れいこ #- [ 編集 ]
 志位さんの言ってくれたことは、ごくまっとうな当たり前の感覚から出た言葉のように思います。まともでもまっとうでもない人たちが国の(政治も財界も行政も)上層部に多すぎ!
 「東電の厚顔ほどの書類束」拍手です。きっと彼らは厚顔なんてことば、知らないんでしょうけど。恥を知らない人は強いですね。
2011/09/27(火) 20:17:15 | URL | さより庵 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック