FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
愛犬家ならば古典的米飯を
 出汁取り後の鰹節を与えたのが始まりでした。ぼーは由緒正しき雑種です。猫でもないのに夢中になって平らげました。
 「炊き立てのご飯が食べたい」という母の要望に従うと、冷たいご飯が溜まってきます。そこで、花かつおをまぶしたそれを鼻に差し出すと、ぼーは迷わずに食べたのです。
 それからは、ドッグフードと交互に米飯を与えています。というか、「ドッグフードが一番」という常識を疑ってもいたのです。調べてください。発がん性を指摘する学者もいる合成着色料と保存料を使っていないのは6社中1社だけです。その他、栄養剤という食品添加物が多数使われています。
 20歳の愛犬を失った知人は味噌汁かけご飯を与えていました。ぼーも11歳、しかし、若く元気です。地産地消が食の道理であるという反省がされています。ドッグフードは外国産の「エサ」ですが、米は国産の「ご飯」です。「エサ」を家族には出しません。
画像 845 画像 846
今朝の「ご飯」です。写真を撮るので「待て」をかけました。「よし」の直後の図です。
画像 839 画像 843 画像 844
朝陽色に染まるぼーです。


スポンサーサイト



コメント
コメント
 naraさんへ
 愛犬に料理を作ってやっていたんですか。それはなかなか出来ないことです。犬には塩分がいけないといいます。確かに、そのようです。しかし、全く駄目でもないようです。味噌汁掛けご飯は、結構、いいようです。ボーのように、由緒正しき雑種は代々、ねこまんまや味噌汁ご飯や、魚を食べてきたから、塩分に対する適応力が高いのではないでしょうかね。
2011/02/04(金) 09:48:23 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
ぼーちゃんは11歳なのですか?若々しいですね!
お耳をふせた写真は本当に優しそうです☆
ドッグフードは便利ですけど加熱処理によってビタミンやら酵素やらが破壊されていたり食品添加物がドバーッと入っていたりで私もあまり好きではありません。以前飼っていた犬には料理嫌いの私がわざわざ作っていましたよ!
最近は本屋さんでもペット用の手作りご飯の本もみかけるようになりました。家族にはご飯ですよね☆
2011/02/04(金) 00:52:16 | URL | nara promeneuse #- [ 編集 ]
aozoraさんへ
 ドッグフード食べましたか。臭いからして、美味そうではありませんね。しかも、塩味が効いていないんですからね。
 合成着色料、保存料ソルビン酸は危険だと予想できます。着色料赤色102号、黄色4号と言う具合ですから、過去に、危険と認定され、禁止になったものがたくさんあります。ソルビン酸はここ十年ぐらい前から、ハムには使われなくなっています(贈答用には今も使っていますよ)。それをペットに食わせているんですね。いやらしいです。使っていない「アイムス」にしましょうか。しかし、これが高いんです。
2011/02/03(木) 21:57:31 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
こんにちは。
飼っていた柴犬、我が家も残飯整理係でした。
よく食べましたね、それはそうです残飯とはいえ仰る通り白米飯です。
ドッグフード口にした事ありますが美味しくありません(笑)
6社中1社は驚きました!
2011/02/03(木) 15:42:50 | URL | aozora #- [ 編集 ]
 そうですか。以前にも伺った気がしてきましたが、それは残念なことでした。私も今から、ぼー君が死んだときのことを心配しています。
 それにしても、間接的に、人をほめるのが上手いですね。犬をもめておいて、実は、飼い主もほめている。老練な技です。
 今日も、教科書つくりをしないで、新聞投稿しに時間を割いてしまいました。これから、ぼーの散歩行ってきます。今日は、こちらも、暖かです。
2011/02/03(木) 15:10:27 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
微笑
ぼー君は雑種なんですか。品のよい顔立ちですね。犬の性格は飼い主に似ると言いますが・・・私も昔は犬を飼っていたのですが、ドッグフードなんかはなかったので、殆どは、みそ汁かけご飯でしたよ。言わば残飯整理係でしたね。引越しなどで別れるときは涙を振り絞ったものです。交通事故でも死なせました。悲しみが尋常ではなかったのでもう飼う自信がありませんが・・・犬は可愛いですね。
2011/02/03(木) 14:08:19 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック