FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
憲法と日の丸
 都教委による日の丸・君が代強制が憲法違反かどうかを争う裁判の二審は、一審と正反対「違憲ではない」との結論を出しました。
 判決に従えば「学習指導要領が卒業式等での国旗掲揚・国歌斉唱の指導を定め、全国の公立学校で行われている」「起立斉唱することは特定思想良心を表明する行為とは言えず、通達は合理性がある」そうですが、これは本末転倒です。学習指導要領が定め、通達が出、強制したから、多くの学校で実施されているのです。
 ならば、通達を取り消させて、数年後、判決を出すべきです。その場合、多くの学校が未実施なら、反対の判決となります。つまり、今回の判決は憲法違反かどうかを判断していないのです。しかし、実質、強制は合憲だとなってしまうのです。
 ではなぜ、合憲なのでしょうか。都教委や一部PTA幹部は、従わない教員を「偏向教師」と呼びます。何が「偏向」なのか。国語的判断は「考え方」です。つまり、思想・信条が偏っていると思っているのです。この強制は、思想信条に自由を奪う意図を持った、紛れもない思想弾圧です。
 戦前、多くの学者が大学を追われました。このままでは高校で同じことが起きかねません。確かに、明確に反対する人達は少数派です。大したことがないようにも見えます。しかし、そうでしょうか。
 民主主義の原則の一つ「少数意見の尊重」とは、弾圧するのではなく「現在の少数派が、将来、多数派になることを、多数派が保障する」ことです。都教委も東京高裁も民主的ではないのです。なるほど、現在、形骸化した民主主義が国会においても展開しています。
スポンサーサイト



コメント
コメント
naraさんへ
 そうなんです。学校が、教師が歌えと言わなければ、生徒は歌いません。それを県教委と相当数の校長は歌うように指導します。卒業式予行の時に皆が大きな声で歌うまで予行を終わらせない校長も居ます。
 しかし、生徒達は校歌は大きな声で自主的に歌うのです。先ず、三年生が大きな声で歌いますから、下級生は先輩のために、校歌を大きく歌うのです。これは自然なことです。この上に、何を生徒に求めるのですか。
 国歌を歌わないと怒るPTA会長や県会議員が居ます。教育をそれこそ自分が求とめる人間にするための道具と考えているとしか思われません。
 多くの教師は強制を止めて欲しいといっているだけです。式次第に校歌斉唱を入れることに反対でも、拒否しては居ません。宗教上国歌を歌えない生徒も、保護者も居るのです。
 思想信条の自由、信教の自由を憲法どおりに実生活の中で尊重すべきだと言っているだけで、憲法に忠実なのは教師の方であり、都教委ではありません。歌いたくもないのに力で歌わせることの方が異常です。それが怖いことに思うんです。
2011/02/01(火) 14:45:22 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
難しいことは解りませんが、学校の式典で君が代のテープが流れているとき、口をへの字にして歌わないでいる教師の方々の姿は異常に感じます。
みんなが一斉に着席、規律などあわせてやっているときに君が代のときだけ分裂してしまう様子は生徒達にも異常に映っていることでしょう。
かく言う私も歌いませんが・・・
国歌について考えてみる時期がきているということでしょうか?
2011/02/01(火) 13:53:02 | URL | nara promeneuse #- [ 編集 ]
ショウゴさんへ
 失礼しました。四日市教会の牧師さんでしたか。すみません。すぐに分からないで。「牧師さん」だけがインプットされていましたので申し訳ないことしてしまいました。
2011/01/30(日) 20:21:59 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
ショウゴさんへ
 コメント有難うございました。失礼ですが、どちらのショウゴさんでしょうかね。
 同感です。強者の論理=人権軽視=15年戦争を正当化・無反省=差別発言=改憲論=強圧的姿勢=反民主主義、これ等が1人の人格に同居しているように思います。
2011/01/30(日) 20:15:14 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 さより庵さんへ
 そうですね。学校は管理体制が強化されてから、教師が役人化してしまいました。教師は本来職人です。権利を我が儘としか理解できない日本人は多いですね。
 ストを迷惑としか理解できない余裕のなさ、他人に厳しく自分に甘いいやらしさがここ二十年、目立ち始めました。
2011/01/30(日) 20:08:18 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
ほんとうにそうですね
本当にその通りだと思います。
日本のおかしさと未熟さがあらわになった出来事ですね。
しかし、この異常さを認識できない人たちの多さに
さらに愕然とさせられます・・。
2011/01/30(日) 19:58:57 | URL | ショウゴ #- [ 編集 ]
 日本社会はなんだか「偏っている」ような感じですね。権利意識を持っている人が嫌いなみたいです。特に学校という場所は、自分の行動を自分の責任において決めることすら、許せないみたいです。
 子どもが怪我をして帰ってきたので、何があったのか説明を求めただけで(もちろん言い方の問題もあるのでしょうが)、モンスターペアレント扱いをされたという話も聞きました。
 子どもたちには、「あなたには人権とそれに伴う責任がある」ということこそ教えなくてはと思うのですが。
2011/01/30(日) 11:41:41 | URL | さより庵 #- [ 編集 ]
 教科書検定は明らかに、皇国史観擁護です。先の戦争は正しかったという判断に立っています。天皇制も象徴ではなくて、主権を持つ天皇制です。その流れの中にある国旗国歌強制です。今、踏ん張らないと、人権も国民主権も、平和主義も骨抜きにされます。それを国民の多数派が望むんならしょうがないのです。しかし、そうではないのに、気がついたら、何も反論さえ出来ないことになるんだと思います。もしそうなら悲劇です。その時私はどうするんでしょうか。
2011/01/30(日) 02:04:53 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
そうですね。
もう時代が変わりましたからね、国旗掲揚、国歌斉唱というのは、オリンピックの時くらいでよいのではないかと思いますね。でも、頑固な人たちがいますからね。。。天皇家の人たちも、もう自由にしてあげたらいいのにと。。。雅子さまも愛子さまも可哀想です。
2011/01/30(日) 01:55:25 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック