FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
言い分
A「命を金で買うのはどうかね。私はもらったよ」

B「大事にすれば同じですよ」

A「命に値を付け、愛の対象を物のように扱うことは美しくないよ」

B「職業地位で、賠償額が違います。命に値を付けることは社会的に承認されています」

A得意げに「売れ残った犬が、捨て犬と同じように、処分されているの知っているだろう」

B苛立ちながら「だから、愛情を持ってればいいんだよ」

 すると、犬達が吠え出しました。

Aの犬は呆れ顔で「あなたは物色し、選り好みして、私を連れ帰ったのですよね。その後、兄弟姉妹達の運命を聞きましたか」

Bの犬は諦め顔で「愛情ですって。こうしている間も、私達は鎖につながれています」
スポンサーサイト



コメント
コメント
 これね。東京新聞の日曜別刷りのなかに「300字小説」というのがあるでしょう。あれように書いてみたんです。何でも出してしまうという節操がない自分です。
2010/11/29(月) 00:56:12 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
犬の幸せは
犬って高いものは高いようですね。 人間より贅沢をしている犬も沢山いますよね~。 私は高級な犬?が苦手で、雑種といわれている犬が一番好きです。 しかし、人間が区別をしているだけで、当人達にはその意識はないのでしょうね。。。犬は、人間が飼うしか生きる道はなくなりましたね。野良犬など殆どみかけたことがありませんが、皆、保健所で処分されてしまったのでしょうか。 犬だけは最後まで面倒見てやってほしいですね。
2010/11/28(日) 22:38:21 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック