FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
閉塞した世の中、改元を
 これほど便利で、豊かなのに、これほど不安で、心細い時代はありません。経済格差の拡大、環境悪化、資源・食糧の不足予想、社会連帯の崩壊。「今はいいけど、これから分らないぞ」と、自嘲的に、何もできない自分に言うのです。
 ところで、一世一元制度は明治から始まったことを知ってますか。もちろん、それ以前から、代替わり改元はありました。しかし、それに加え、良いこと、また、災害が起きた時など改元したのです。前者の例は「大宝」(対馬から金が献上)。同種に「和銅」「天平感宝」、そして後者には「永暦」(前年に保元の乱)「寛政」(大飢饉・浅間山噴火)があります。
 一世一元制は、統治を天皇生得の属性とする思想を持っています。その天皇の代替わりは時代の変化ですから改元するのです。天皇による人民統治の貫徹を知らししめるための改元です。一方、江戸以前は、支配者が元号を変えることで、よい流れを呼び込み、共に時代を生きようというと統治姿勢を感じるのです。
 敢えて、天皇制には反対しません。しかし、一世一元制やそれに拘る勢力には反対します。この制度は超世俗的霊力を掌る天皇の、権力を超えた威力を温存しています。そのバリアーの中で、世俗は政治を行えるに過ぎないのです。ですから「景気が悪いから年号を変えて」はとんでもないことです。
 今、政治は機能せず、社会は閉塞しています。ならば、江戸以前の伝統に従い、一世一元制を廃止して、「平成」から「創成」に、形から動かしてみるのも一案です。

 
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 天皇制と民主主義は並存することは可能だとは思います。しかし、不安があります。「立ち上がれ日本」に集う方々は戦前の天皇制に近い政体を目指しているように思います。ブログランキングの政治経済を覗いてみると上位には明らかな右派の方々が上位に食い込んでいます。ドイツのネオナチを他人事と見てはいられない現実があります。
 明仁天皇は民主主義が何であるのかを教養にしている人物のようです。しかし、天皇がいる限り、これを利用して、人権を抑圧する勢力が力を得ることは十分に考えられます。それが怖いですね。
2010/08/23(月) 21:20:15 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
amaniiさんへ
 自分が受け持っている範囲で、社会改革のために何が出来るか、そう大きなことは出来ませんね。対話はいいんではないですか。それが、仕事の半分を占めているのがあまにいさんの仕事ですよね。私に何が出来るか、やれることからやりましょう。
2010/08/23(月) 21:06:07 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
天は人の上に人を作る?
私は皇室の方々はみな好きですが、人間に上下の差はないという考え方から、皇室の現在の在りようは、納得が行かないところがあります。これも難しい問題ですが、いずれは、天皇制が廃止され、政治形態が変わるときがくるでしょうね。
2010/08/23(月) 18:29:52 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
こんにちは^^
創成いいですね~
11世紀ごろに天変地異により。
何度も年号がかわり何一つ変わらなかった事実
今の社会 世界に私も同じく何も出来ない憤りを持っています
唯一行動しているのは一対一の対話です。
小さい行動の積み重ね
これを大事にして行きます><
2010/08/23(月) 14:26:21 | URL | amanii #Ld1mD80U [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック