FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
こおろぎの涼しい夜
 今日、昼ごはんをいらないと言った母の体温が37度2分まで昇りました。熱があり、食欲がなかったのでしょう。脚にも熱がありますので、アイスノンを首とふくらはぎに当てました。寝る前は36度8分、不安なありますが、動く判断はしませんでした。
 今、もう、日付が変わりました。涼しい夜です。こおろぎ達が鳴き続けている、秋を思わせる深夜です。こんなの作ってみました。


こおろぎの澄んだ音階迷いなく

こおろぎも心無にして修行中

こおろぎが誠を尽くす闇の中

安らかな寝息に誘われ虫が鳴く

湿り気を土に返して虫の声
スポンサーサイト



コメント
コメント
 仰ること良くわかります。その通りですね。加えて、句作は自分の心を見詰める時間にもなります。自分と正しく向き合って、自分に嘘が無い時の思いを正確な言葉を選んで句に出来れば、それが名句なんだと思うようになりました。
2010/08/22(日) 15:09:41 | URL | 八角(スキップ) #- [ 編集 ]
パチパチ
何かとお忙しい日々かと思いますが、そんな中でも、俳句の心を失わないなんて立派です。俳句は、嬉しい気持ちを倍にさせてくれて、苦しい気持ちは吸い取ってくれる、そんな不思議な文藝だと思います。心身共にどん底のときに、俳句を作っていて、そう感じました。そんなときに出来た一句に、多くの方が共感してくれたとき、俳句をやっていて良かったと心から思いました。苦しみが喜びに変わった瞬間でした。
2010/08/22(日) 12:19:55 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック