FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
来週中に退院?
 母の入院も三週間とあいなりました。抗生物質を止めて一週間弱、再発が無ければ来週中に退院とのお話がありました。現在は、リハビリをやっていただいております。
 生活自立力の低下が明らかですので、介護保険申請を行いました。来週月曜日に、病室で審査が行われます。入浴・排泄補助、定期的診察、ベットレンタル補助を内容としたいと今考えています。
 匝瑳市民病院は退院に当たり、その後の生活に関して、心配が無いか主治医・看護士・ソーシャルワーカーが相談確認をする体制をとっています。東京の某一流病院とは大きな違いです。
 退院出来なければ困りますが、帰ってきてからが、緊張の連続になるのではないかと思います。再発すると、ますます、生命力が落ちます。ますます、衰えてしまいます。食事・衛生・排泄などの健康管理には気が抜けません。
 本格的な介護が始まるようです。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 今までのように、退院が決まって、嬉しいとはなりません。不安と使命感のようなもので、緊張しています。どれだけ自分が出来るのかやるのか、そんな思いもあります。
 「何とかなるさ」とも思いますが、そうとは限らない人の命です。
2010/07/11(日) 22:22:57 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
よかったですね。
お母様、来週には退院されるですか。本当によかったですね。毎日の付き添い、お疲れ様でした。 それにしても、よい病院に出会えてよかったですね。 そして、お母様もよく頑張られましたね。 昔、祖母が入院していたとき、見舞った母が 「何であれ親が生きていてくれる間は自分の番が来ないと思い、有難いと思う」 なんて言ってました。 そうして順番にトシを取っていくのですねえ。。。親が生きていてくれるうちは、自分もトシを取らないようにしなければね。 
2010/07/10(土) 23:24:14 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック