FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
国民の切なさ知るべし
 共同通信社実施の調査が「管内閣に期待57%」との結果を出したと、6日の東京新聞は伝えました。良いことに違いありませんが、しかし、どのレベルでの期待なのかが気になるところです。
 飲食店にたとえて言うならこうです。開店はしたが、材料に迷い、調理師間の役割もあいまいなままで、評価に値する料理が出せない店、これが鳩山内閣です。空腹でイライラの国民です。そこに、スタッフが協働し、自信を持って料理を出す店が現れれば、食べてみようと思うでしょう。これが管内閣です。太陽や大地があることは前提であり、期待の対象にはなりません。管内閣への期待とは、太陽や大地を伴った内閣出現へのそれ、つまり、内閣の体を成しているだろうとの期待なのです。
 ゆえに、料理の味への期待ではありません。このことを「管さんは強敵でないですか」と問われた自民党の石原伸晃議員はテレビ番組で「何を考えているのか分からない鳩山さんより戦いやすい」と表現しています。国民がどちらの料理を選ぶのかという戦いに持ってゆけ、その場合、勝つ自信があると言いたかったのでしょう。まさに、これを国民は望んでいるのです。
 しかし、このレベルの期待をさせられる国民の切なさを政治家は理解しているのでしょうか。どうもそうには見えません。政治生命を掛けても実現する、そのような政治課題を管さんは持っているのでしょうか。小沢・鳩山両氏の証人喚問を避けそうです。鳩山日米合意遵守発言もありました。支持率が高いうちに選挙をしろ、重要法案を廃案にしても会期延長をするな、この党内参院にどう対するのでしょうか。料理の味を問いたいと思います。
 
 

 
スポンサーサイト



コメント
コメント
 支持率が高い内に選挙したいから、会期の延長をするななどとよく悪びれずに言えるものです。大事な法案がまだ通っていないんです。会期を延長しろと言う国民新党も、国民生活を気遣ってそういっているのではありません。堂の命運を掛けている郵政法案を通してから参院選挙を戦いたいだけです。国民不在は、政界の常識です。
2010/06/10(木) 21:58:21 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
こんにちわ^^
いつも、ありがとうございます
解かりやすい例えですね
私も含めもっと政治に参加して、監視をして行き
国民一人一人が眼を開く事
地道な対話が最も大事だと思います。
しかし、現時点では民主自民も一人の声が届かない
のが現状><
2010/06/10(木) 15:41:38 | URL | amanii #- [ 編集 ]
 悪者がどうか知りませんが、この20年、政治をかき混ぜてきたことは事実です。影の帝王の地位が好きなこともその通りです。正面切って政治課題に、直接、最高責任者として取り組んだことは無いと言っていいです。私はずるいと思っています。
2010/06/09(水) 21:13:59 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
・・・
政治には素人の私の意見に過ぎませんが、
世間は小沢氏を悪と決め付けていますが、政治家としての力量については誰も語りません。政治の世界も複雑怪奇ですね。(^^)
2010/06/09(水) 18:46:33 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> どうもです。
>
> 問い合わせいただいたサクランボの件です。
> 案内状の発送準備しましたので、近いうちに郵送されていくかと思います。
>
> よろしくお願い致します。
 こちらこそよろしくお願いします。出荷の都合も考えずに、突然、お願いしてよかったのでしょうか。後から急に気になりましたという、いつものぱパターンですが。さくらんぼの到着を楽しみにしています。
2010/06/09(水) 17:50:19 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/09(水) 15:20:57 | | # [ 編集 ]
 どちらが自分の政治理念に合致するかではなくて、どちらが政党としてましかと言う選択を強いられています。情けないです。鯛か平目かではなく、鯛の糞か平目の腐ったのかと言う選択ですから。
2010/06/09(水) 15:14:17 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
こんにちは。
お説の通りです。
新規開店のレストランは以前の店より明るさも伴ってるようです。
取りあえずはこの店の料理を賞味するしかありません。
他の店は期待薄!
2010/06/09(水) 14:16:27 | URL | aozora #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック