FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
口蹄疫対処策文明性に惑う
 口蹄疫対応への遅れ由来でない落ち着きの悪さを感じています。政府は風評被害を気にしてか「人に感染しない」「食べても問題はない」「感染牛の治癒は可能だ」と情報を提供しています。ならば「なぜ、大量処分を行うのか」という疑問が浮かぶのです。
 専門家は「法が病気の家畜出荷を禁止してる」と言います。ならば、感染拡大は生産者の経済的損失を増大させます。消費者も、感染肉を食べるのは気持ち良くはありません。納得させられます。しかし、何か盲点があるのではと、遠い野生時代に培った動物的感性が不安がるのです。
 連想したのが、明治時代、炭鉱でコレラが発生した時に、感染拡大を防ぐため鉱夫を生きながら焼いという話です。「人間と家畜を一緒にするな」ですが、その一緒にせず、断絶することが盲点では、との不安なのです。区切りは強者と弱者、支配と従属、目的と手段の関係に連れ込みます。
 この傲慢さは国際政治にも遺憾なく発揮され、危機を招いてきました。神をもしのぐ強力すぎる文明ゆえに、やってくる破局の壮絶さを恐れます。口蹄疫に違った対処をする、今までとは違った足場に気付く柔軟さを地球生理は求めているように思います。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 毎日、問題は限りなく起き続けますね。それらに思いを向けていたら、自分の生活が出来ませんから、聞き流し、脇において生きています。その内、馬鹿でかいしっぺ返しがくるんではないかと心配します。しかし、その心配もすぐに忘れます。
2010/05/22(土) 14:23:53 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
口蹄疫近くで起こっているので島の牛を飼っている方々は気が気ではないようです。
牛を飼って居なくてもどう対処するのか、毎日ニュースを見てはため息がこぼれます。
日本の家畜農家を守るために断腸の思いで殺処分しなくてはとも聞きました。本当にそれで良かったのかは、後々に解答が出るのでしょうか・・・。
2010/05/22(土) 09:42:18 | URL | パイナップル定食  #L8AeYI2M [ 編集 ]
 合成肉といえば、カップヌードルに使われましたが、発がん性ありとされ、使用禁止になったと思います。私は、やはり、生きていた生き物の肉を食べたいです。それが生きるということです。
 物事が分かってくればくるほど、ものを言えなくなるような気がします。「沈黙は金」しゃべりすぎると墓穴を掘るといった意味ですよね。しかし、物を言わないことが人生を知った宝であることを示しているという意味ではないのでしょうか。
2010/05/21(金) 22:53:43 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
こんばんは^^
いつも
ありがとうございます
この機会に生命 命というものを
新たに考える機会がきたのでは?
と思います

2010/05/21(金) 22:35:16 | URL | amanii #Ld1mD80U [ 編集 ]
>口蹄疫に違った対処をする、今までとは違った足場に気付く柔軟さを地球生理は求めているように思います<

↑その通りだと思います。健康な牛や豚への感染を恐れて、何千頭をもただ処分するしか能がないなんて・・・ 何らかの方法はないものでしょうか。残酷過ぎます。ここらで人間は一度立ち止まって、牛や豚や鳥などの肉を食べることを、考え直してみるべきですね。 宇宙のある惑星?では、動物の肉は食べないと聞きました。機械で合成肉を作るようです。味は肉と遜色ないようです。 地球も宇宙船を飛ばすほど科学が進歩してきたので、そういう方面ももう少し研究されて然るべきかなとも。。。さすがに可哀想に思いました。
2010/05/21(金) 15:45:25 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック