FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
犬が家畜になったきっかけは
 犬の祖先はオオカミよりも、ジャッカルが主流だそうです。ちなみに、日本では、すでに家畜化された犬が入ってきたと言います。日本オオカミは大型犬並みの体格をしていました。しかし、縄文人に埋葬された犬は柴犬ほどの大きさなのです。
 さて、家畜化のきっかけはどんな風だったのでしょうか?狩りをしている人間に気付いたジャッカルが、同じイノシシを追いかけるのです。そうこうしている内に、結果として、人間の手助けをしてしまうことになり、獲物の一部を投げ与えられた。同じようなことがまた起きる。分け前をもらうオオカミは尾っぽをフリフリ。その内に、人間を見ると尾っぽをフリフリちょんちょん。寄ってくる、付いてくる。ならば、一緒に居た方が便利だ。「分け前も、前もって与えよう」となり、家畜になった。どうでしょうか。
 犬の家畜化は、羊、馬、豚、牛などを家畜化する勢いをつけたと思われます。これらを集団として、人間がコントロールすることを犬が可能にしてくれたからです。そして、その後は、野生肉食獣から家畜を守る番犬にもなったのです。そうして一万年以上、ぼー君が利口なわけです。

画像 170 画像 168 画像 167
ぼー君は、昨日買ってきたボールを前に、ご機嫌で、夕食です。一つ一つが猪・鹿・蝶、いや狐に見えるのでしょう。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 癒されています。父が嫌いで、犬猫は飼わせてもらえなかったのです。何度、下の姉と捨て犬を拾っては、連れ帰り、それを取り上げられたことか。これだけは、父を恨んでいます。
飼わせてくれたのは、鳥各種でした。一番ペットらしかったのは手乗り文鳥でしたね。もし、犬を飼わせてもらえていたら、人生が変わっていたのではないかと、ぼーとの生活から思います。
2010/02/25(木) 22:22:23 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
犬は賢いですね。
犬は情が深くて、人間の心を読むんですよねえ。一緒に住みだすと、家族そのもので、本当に可愛いものです。八角さんも癒される毎日でしょう。犬にそんなに長い歴史があったなんて知りませんでした。縄文のころから、人間に信頼され愛されていたんですねえ。
2010/02/25(木) 18:39:46 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック