FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
太陽光発電に待った
 さまざまな理由から、リホームを考えています。その一つが地球環境を壊さない生活をしたいということです。つまり、太陽光発電システムの導入です。
 ところが、大学で電気関係の勉強をしている甥が「おじちゃん、まだ早いよ」と言うのです。話はこうです。現在の太陽光発電が利用している太陽光は七色の内、赤だけだそうです。知りませんでした。知っていましたか。現在、他の色もエネルギーに変える研究がなされているそうです。だから、その研究が完成するまで待った方がいいというのです。
 しかも、その研究が相当難しいらしいのです。歳を考えれば、最後の家作りです。いろいろな今までの失敗反省から、「この家で最後を迎えたい」と思える改築をしたいわけです。そんなに待てない現実もあります。さてどうしたよいのでしょうか。
 そこで思います。今までの自民政治を否定して、効率がいい国富の使い方をすると政権に就いた民主党政権です。上の研究に充分な予算をつけるべきです。そして、一日も早く、外国に先駆けて、赤以外の光を電気エネルギーに換える技術を開発して欲しいものです。新産業の開拓とはこのことでしょう。是非お願いしたい!!
 ところで、リホームはどうしましょうか。迷うばかりです。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック