FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
為さぬ偽善は難しい
 臆病で姑息、それでいて、裏づけのない自信があつかましい自分を認めざるを得ません。そこでせめて、偽善だけは為さぬぞと言い聞かせてきましたが、実は、その偽善者にならないことが一番難しいのではと思い始めています。
 私が偽善を為すのは「自分が一番可愛い」というエゴイズムから解き放たれないからです。母の世話をするのは自分が親不孝で、冷たい人間と認めたくないからです。言い換えれば、いい人間だと思いたい、思われたいからです。もちろん、それだけでないことも感じます。しかし、一生懸命に工夫して作った料理を、間食したために、「もうお腹いっぱい」と残し捨てる母に怒りを感じるのは良い息子を演じているに過ぎない証拠なのです。
 逃げようのない悪を背負っても、生きなければならない人の姿に、お釈迦様は「人生は苦」と看破したのでしょうか。親鸞が読まれているそうです。それが生き難い時代の表われに見えます。人間がその尊厳を保てずに、悪をさらけ出させぬでは置かない戦時を生きるような、重たい世相です。
スポンサーサイト



コメント
コメント
公務員の給与・・・
コメントありがとうございます。長文でした。

私の父が国家公務員でしたのでよくわかります!
それと昔、恩師とガリ版の原稿書きと刷り!「ガリガリ」って音今でも思い出します。
今の先生方は余裕がないのでしょう。・・・無駄な仕事をしているように思われます!

偽善と欺瞞のはざま・・・日本国のことでしょうか!?・・・誰に教わったのか記憶にない。ただ「感謝」って、人に騙されても「感謝」って・・・・・
「感謝」って全ての宗教の根幹を成す言葉ではないかと思う。偽善と欺瞞は【感謝】の前では、無力になるに違いない!
2010/01/08(金) 20:30:48 | URL | シマンチュ雑話 #- [ 編集 ]
コメントの件
入り方がいつもと違うのでしょうか。

わけわかめです。

調べてみます。
2010/01/08(金) 13:18:36 | URL | 塾長 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック