FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
普天間は難しい問題か
 普天間基地問題は難しい問題と言いますが、そうでしょうか。
 隣家のピアノがうるさいとトラブルが生じていると聞きます。自分も我慢ならない騒音を、他人に強要することは人の道に反します。普天間基地の返還要求が結論となります。
 このように言うと「短絡的」な「素人」判断と言われそうです。しかし、政治において、素人・玄人に分けることは民主政治を根本から否定しかねない思想を含んでいます。議員は代表であり、我々と質的につながっていなければなりません。そこが今回の選挙でも問われたはずです。正しくは「有能な素人」と「普通の素人」です。
 「短絡的」との指摘理由は、日米安保体制が揺らぎかねない軽率・安易な選択で、危険で国益に反するというものでしょう。しかし、安保条約が変更・破棄されることになっても、米国が仮想敵国になるではなし、国防費を急増させる必要もありません。すでに、日本の軍事費は世界7位にあるのです。国防費上位の中・英・仏・露と平和友好関係を維持し、北朝鮮に警戒する点、国防の基本は何も変わらないのです。
 どの選択が「有能な素人」か。新政権の変革に向けた覚悟が試される普天間問題です。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 まず、60年安保条約改定はアメリカが有事に、日本を守ることを明記しただけで、相互の防衛義務は明記されていないはずですから、「日米同盟」と言う表現はおかしいと思います。
 この意味での安保体制を維持しながら、米軍基地を廃止することは理屈の上で、可能です。現に、日英同盟の時代に、英国は日本に、日本が英国に基地を持っていなかったのですから。日本が、米軍基地を日本防衛上位らないと言った場合、それでも、米国が日本の基地に固守するなら、基地が日本のためではなく、むしろ、アメリカのためにあるんだと言うことになります。
 米軍基地がなくなったとします。自衛隊を超える軍事力を持つ国は限られます。ではそれらの国が日本を軍事占領する可能性ですが、大変に小さいと言わなければなりません。
 日本を軍事攻撃するよりも、経済関係を強化するほうが利益になる国です。イギリスが日本を植民地にしなかった理由の一つが貿易をした方がイギリスの国益になると考えたからだと言います。同じことが今の日本に言えます。
 私は日米安保を今すぐに、解消するべきだとは考えませんが、基地は日本の国益にはならないと思います。
2009/11/08(日) 21:17:01 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
賛否両論・・・
アメリカや中国やソ連が最も恐れていることは、日本が、軍隊を持つことです。・・・今の自衛隊は飾り物に過ぎません。安保理の傘の下にそれが存在すると言うだけなのですから、・・・ここから葛藤が始まります。アメリカを追い出したら日本は軍隊を強化しなければなりません。そうならないことが理想なのですが、国際情勢を見ると国防を理由にってことになりそうです!・・・ただ失業問題は、一気に解決することになります。
・・・少し乱暴な意見ですが、「兵役」を義務付けなければならないほど、モラルが低下しています。ましてや警察官、自衛官までもが、・・・
2009/11/08(日) 20:28:25 | URL | シマンチュ雑話 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック