FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
これを新聞投稿しました
 変革政治開始は普天間問題から

 明治維新に匹敵する変革への覚悟を鳩山首相は持っているようです。これはどのような決断を求めるのでしょうか。
 沖縄戦の悲惨さは「絶対に戦争はいけない」との想いを継承させています。その沖縄に基地があるのは理不尽というものです。それを思ってか、首相は沖縄県民の意見を大切にすると発言しました。ならば、県内移転、嘉手納との統合はあり得ません。といって、他県移転は困難を極めるでしょう。では、日米合意案なのか。
 ここで変革への覚悟が問われます。戦後日本は、安保条約を無条件と言えるほどに受け入れてきました。日本が示した条件である非核三原則の密約はその象徴です。今こそ、「安保条約継続」条件を示す時です。普天間基地の返還要求。そして、もう一つが「対ロシア核兵器破棄交渉」をすぐに始めることです。
 地球規模の問題解決と日本の政治改革は重なっています。世界平和の確立は人類が避けて通れない課題です。これと結びついた普天間問題です。


10月25日にここに書いた「交渉上手な宇宙人に」を書き直して投稿しました。載ったら教えてください。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック