FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
差しさわりのある方はそのままで
 先月月31日「全国豊かな海づくり中央大会」が開催され開会式が放映されました。「君が代斉唱」、司会者は起立を求めましたが「差しさわりのある方はそのままでい願いします」と一言加えました。常識的な対応です。起立・斉唱を文書で強要し、従わぬ者をチェックして、後で処分する東京都の対応がいかに、民主的礼儀に反しているかが分かります。
 さまざまな立場、状況にあることに応じて、処遇するのが成熟した、優しい社会です。「女は家で家事をするのが普通だ」「起床は6時、これがまともな家庭だ」などと自分や多数派のあり方を常識と決め付け、他を非常識とするなら、それは想像力が「貧しく」、包容力に「乏しい」と言わなければなりません。つまり、「人間」が貧乏な人です。
 私は靖国神社はなくすべきと考えていますが、参拝する人を妨害しませんし、攻撃しません。その気持ちも理解できます。おじが眠っていますので、父がよく行きましたが、それについてゆき、手を合わせたことも数回あります。しかし、戦争遂行の精神的根拠を与えた歴史的経緯から、靖国の存続には反対です。日の丸君が代も同じ理由から反対します。
 横浜では、他の教科書を排除して、ある出版社の中学歴史教科書を使わせるためのルール変更が行われました。さまざまなものが様ざまに混在することが許せない偏狭さは、ばい菌を全て殺さなければ清潔とは認めない潔癖症に似ています。
 2004年の園遊会で、東京都教育委員の米長邦雄さん(棋士で有名)が、全ての学校に国旗国家を尊重させることが私の仕事です、と話すと天皇は「やはり強制になるということではないことが好ましいですね」と述べられました。その後も強制は続いています。彼は天皇を尊敬しているのではなく、利用しているように見えます。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 もちろん覚えています。分会ニュースで取り上げたことを覚えています。天皇の「お言葉」にもかかわらず、未だに、強要し、従わぬ者を処分していると言うことは、実は、天皇を尊敬していないと言うことです。利用していると言うことでしょう。
2009/11/07(土) 13:41:06 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
いつも、静かに座ってます
園遊会とやらで、東京都教育委員だった米長が「日本中の学校で国旗を掲げ国歌を斉唱させるのが私の仕事であります。頑張っております」と言うと、「あれですね、強制になるということでないことが望ましいと思います」と天皇が言い、米長が「もちろんそうです。すばらしいお言葉ありがとうございます」と返したことがありましたね。
2009/11/07(土) 09:13:54 | URL | こん #JecAxcZ2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック