FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
サプリメントを警戒する理由
 権力者など上位に位置するものは、下々に「イエスかノーか」「白か黒か「」無しか全てか」といった多くをそぎ落とし、単純化した、明確な返答を求める傾向が強いように思います。
 しかし、そぎ落とせない大切さを感じるから、単純化できないのが現実であり、実態であり、真実です。ですから、単純化した答えには嘘が多く入り込みます。というか嘘になります。嘘は単純ですが、真実は複雑なのです。真実は、つかみ所がなく、理解しずらい性質を持っています。ですから、誠実な人ほど、上の者への返答に苦悩することになります。
 人間の身体はあまりにも複雑、そして精巧に出来上がっています。ですから、生命とは何かを一言で説明することは不可能に近いことです。健康にも同じことが言えます。健康を保つ方法を一つにしぼることは困難なことです。
 ところが「この一粒で健康に」「100歳まで健康に生きる。そのためには毎日一杯」、そこまでいわなくても「一日のビタミンCはこれ一錠で摂れる」といった健康食品やサプリメントの広告があふれています。しかし、サプリメントでビタミンCを全て取ってしまうと言うことは、野菜や果物が持っている他の栄養素や酵素、生き物が持っている科学的分析からは発見できない人間に必要な命の素を捨て去ることでもあります。美味しさという栄養を、食べる喜びを科学は表現できません。
 これ等の広告に接すると、単純化した答えを求める支配者の無神経な強引さや、冷酷さを連想してしまうのです。言葉で表現できないほどの豊かで、複雑な、不思議世界に属する人間の命を単純化し、生命の尊さに目をふさぐ姿勢は受け入れがたいものです。
 単純明快な答えを求める支配者は人間のこころという命を観ていません。サプリメントは長生きすることを無条件に「良いこと」と決め付けています。その沿線上には「死なないことが理想」という看板が見えてきます。死ぬことも、死ねないことも人間にとって、同じぐらい恐ろしいと言う真実がみえていないようです。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック