FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
民主政権を占う非核三原則
 『言っていることと、やっていることが違う』自分に気付くと、自己嫌悪になり、他人にそれを見ると苛立ち、信頼しなくなります。その他人の代表格が『政治』であり続けてきたことが、自民公明惨敗大激震のマグマであったと思います。
 振り返ってみれば、行政改革は省庁再編、名前を変えただけに等しい。今、雇用を守ると言っている人物が非正規雇用を作り出す法案成立に加担していた。福祉を看板にしている政党がそれを壊しておきながら『福祉を守る』と言える。『高齢化社会』と騒いだのは、政治が『準備をがんばりますという覚悟の表明』と思わされたが、実は、貧乏人に『自己責任ですから、覚悟しなさいという警告』であった。そして、極め付けが『非核三原則』が偽りであったということでしょう。
 麻生政権は、核持込を日本が了承する密約はなかったと言い続けました。変わるどころか、悪い体質を強化していることを見せ付けたのです。その最中の選挙でした。ですから、民主党政権が言動一致政治を行うかどうかを、国民は注視しています。それを占うのが『非核三原則』問題です。これは今後の日米関係を視野に入れた決断を伴い、それこそ覚悟を問うのです。
 佐藤栄作元首相のノーベル平和賞受賞理由を『非核三原則』とするのが一番妥当な解釈です。世界に対して『言動不一致』を見せ付けてはいけません。『非核三原則』を国是とし、密約解消を求める外交力を見せて欲しいものです。『非核二原則』なら、自民党政権でも出来ることです。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 どんな変化を見せるのか、仕掛けるのかが楽しみです。官僚の抵抗がどうなされるか。これも注目です。
2009/09/01(火) 23:26:23 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
物言わぬ国民に誰がした・・・!
60年代、主婦までもがデモに参加するような・・・そして消費税導入時にも・・・が?政府は変わらなかった。
その頃から、国民は何を言っても無駄だと諦め始めた。その鬱憤が、今回の結果につながったのかもしれない。
2009/09/01(火) 17:17:35 | URL | シマンチュ雑話 #- [ 編集 ]
 『急務としている事案』とは何を頭に浮かべているのですか。たくさんあるので、絞りきれません。これ等の問題の共通の根っこは何なのでしょうか。
2009/09/01(火) 06:58:42 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
核問題・・・
非核三原則・・・憲法9条!
核の存在は、否定できない事実でありますが、今、日本が急務としている事案があります!
今回の選挙で政変がおき、日本がどの様に変わるか注視しなければなりません。
2009/09/01(火) 05:42:54 | URL | シマンチュ雑話 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック