FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
広島平和式典を愚弄した首相
 広島原爆の日、平和式典にチャンネルを合わせました。プラハオバマ発言を受けて、どんな平和宣言がなされるか注目したのです。
 秋葉市長は核廃絶を願う者が世界の多数派であるとし、オバマ支持である我々は「オバマジョリティー」だと言うのです。なかなかのセンスです。市長の、言葉通りの核廃絶への思いが伝わる平和宣言でした。
 一方、麻生首相は「非核三原則を堅持し、核廃絶に向け、国際社会の先頭に立つ」と約束しました。しかし、元々なかった非核三原則は堅持しようがありません。この約束は破るまでもなく、生まれながらの嘘なのです。もし約束が言葉通りなら、すでに、緊急会見を開き、国民に謝罪し、密約破棄の方針を示しているはずなのです。首相は被爆者国民を愚弄したのです。
 しかも、その日のうちに、北朝鮮をけん制ため米国の核の下にいることは堅持する、などと発言しました。「核廃絶の先頭に立つ」国がアメリカの核を当てにするでしょうか。町の暴力団をすべて解散に追い込むと言っておきながら、脅してくる暴力団を抑えるために、他の暴力団を頼るようなものです。頼った暴力団に解散しろとはいえません。
 あの田母神氏は「核廃絶は絶対にできない。夢物語に過ぎない」「日本も核武装を追及すべきだ」と、よりによって、この日、広島で語りました。一方、核実験場であったカザフスタンは核廃絶を国是としました。世界の被爆者は連帯して、世界に核廃絶を訴えています。魂を乗せた言葉で覚悟を示せない政治家や、勇気と挑戦の方向が的外れな軍人をかまっている場合ではありません。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 少なくとも、参議院は党員でない人で構成したらよいと思っています。それこそ抽選で決めたらよいのではないでしょうか。
2009/08/07(金) 22:26:13 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
政党の存在・・・
国会議員はあくまでも個人の責任思ってその責務を果たさなければならない。そこに政党の干渉があってはならないのである。・・・政策に関して議論し賛成するか反対するかは、その議員の支持者によるものだと思う!
政党の存在そのものが日本をだめにしていると
2009/08/07(金) 20:37:44 | URL | シマンチュ雑話 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック