FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
経済センサス基礎調査を終えて気が抜ける
 一件追加され、52件になった調査を、おととい、終了しました。提出は16日ですから、すべてが終わったわけではありませんが、はっきり、気が抜けました。自転車こぎが結構効いているのかもしれません。若いといえ、50代に違いありません。「今年60のおじいさん」と言う歌があります。身体機能の衰えは今も昔も変わらないでしょうから、老人なんですが、見た目は昔に比べれば確かに若いです。
 今回の調査では、貧困を実感しました。自分と同じ空気を吸い分けている、その生活者が困窮していることを突きつけられることは結構ショックなことでした。といっても、私は今までと同じように、家事を母と家政婦さんと分け合った半分主夫の傍ら、野菜を作り、ブログを打ち、投稿を続け、教科書つくりと日本史検定1級合格に向けて勉強するだけだと思います。
 ただ、これからは、「普通」ということが人によってその内容が違っている、そのことを意識して生活するようになる事だけが変わります。どの普通を普通とするかで社会構成員が普通の数だけに分けられる時代になってしまったということです。厄介な、居心地が悪い社会です。一億総中流といわれた時代が恋しいです。
 
 
スポンサーサイト



コメント
コメント
 各人がその経済・生活状態を普通と理解するでしょう。経済社会格差がその普通を幾通りも作ってしまいました。普通と言う共通基盤が崩れてしまったことが人々を社会的に分断しはじめていると思います。
2009/07/10(金) 21:14:38 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
普通って・・・尺度の根拠は?
ホームレスの存在が、その危険性というか貧困社会の警鐘だったのにもかかわらず、何ら対策を講じなかったことが、・・・
無駄な調査であるし、現状は把握できないであろう。生活保護世帯が増加するのは確実であるにもかかわらず、無策な国、行政に憤りを感じる。
2009/07/10(金) 20:25:45 | URL | シマンチュ雑話 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック