FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
市民感覚は政治にこそ
 裁判員制度が始まります。しかし、敢えて、重犯罪裁判を裁判員に担当させるのかが解りません。市民感覚を生かすと言うのであれば、民事裁判、行政訴訟が相応しいと思うのですが、そうではないようです。
 その市民感覚なのです。裁判ではなく、政治が大事に扱って欲しいと思うのです。今回の小沢辞任、ご本人は「なんら、やましいことはない」と言うのですから、辞任することはないでしょう。関連資料を公表して、法律的に、道義的に問題ないことを示せばいいだけのことです。こんな場合、説明しようとするのが市民感覚です。説明があれば、、それこそ、市民感覚で判断(判決)を下します。
 なのに、「国民審判」を逃げるのです。我々は刑事裁判よりも、この事件の判決を下したいのです。今回の辞任は何の責任を取ってのものなのか。見えるのは、選挙に勝てない状況にしてしまった責任を民主党国会議員に対して取ったと言うことです。その証拠に、代表選挙投票権は国会議員だけに与えられました。
 鳩山新代表の人気が上がっています。代表を辞任したから「あの問題はもう問うな」「ハイ問わない」という合意が国民との間に生まれたのでしょうか。代表代行に就任してしまいました。本人は無罪と言っている、職も辞したのだから無罪。無罪だから重職に復帰させる。そんな判決を出す裁判官がいるでしょうか(一方、和歌山の事件では、自白がないまま、状況証拠だけで死刑判決)。
 政権奪取、選挙に勝つことを最優先した鳩山裁きです。こんな裁判官を評価する国民に裁判が出来るのでしょうか。心配になります。市民がその感覚と良識を主張しなければならない、まさに、そと時が来ました。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 そうですね。やはり、海に囲まれ、温暖な気候に生活する人は大らかですね。いい意味で楽天的でもありますね。見習いたいと思います。
2009/05/20(水) 11:52:11 | URL | 八角(やすみ) #- [ 編集 ]
毒をもって、毒を制す・・・です。
期待半分なのですが、自民党のこと、官僚のこと知り尽くしているのは、小沢氏です。
私は、今回の取るに足らない小沢氏問題は、国策の臭いがしてならないのです。
毒を知り尽くした人間なら、その毒を浄化する方法を知っているはずです。
小事に捉われず、大局を見ましょう。マスコミに惑わされずに!
2009/05/20(水) 05:49:13 | URL | シマンチュ雑話 #- [ 編集 ]
 忘れることで、元気に生きてゆけることもありますが、忘れてはいけないこともたくさんありますよね。政治とお金のことで同じことを繰りかえし、人権・差別のことでも同じ暴言を繰り返し、忘れてはいけないことがあります。そうすると、小沢さんを切れなかった鳩山さんに期待は出来るのでしょうか。代表就任のときの話は官僚支配を壊し無駄をなくし効率よい行政を作るでしたが、官僚を抑え込むことは政治家が官僚に頼らないことを前提にして可能なことです。その点で政治家がスクラムを組めるのかがポイントだと思います。
2009/05/19(火) 21:03:07 | URL | 八角(やすみ) #- [ 編集 ]
政治を知らない国民が、投票をすると・・・
政治の問題をしっかり把握している国民は、極わずかです。だって学校で教育しないから、客観的に教育することは難しいのが、現状ですが、
ただ言える事は、国民に還元すべき税金を政治家や官僚たちが、搾取してきたから今があるのです。
国家の中で唯一黒字だった公的機関を分解し民営化し、国民に不便な状況を生み出したと言う結果もあります。
何とか劇場と言う、流行的な選挙でそれに流されて報道するマスコミ、そしてそれに呼応して投票する国民・・・そんな国民を生み出したのも国であり政治であり政党なのだ。
政権交代も期待半分なのだが、・・・
2009/05/19(火) 19:45:36 | URL | シマンチュ雑話 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック