FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
九十九里浜
 ブログ「半農半遊舎」の宮古島の海の写真を見て、我が郷土の海である九十九里浜に行ってみたくなりました。二年ぶりでしょうか、吉崎浜と野手の浜間を自転車で楽しんできました。
 県立公園になっており、海岸を自転車県道が走っています。海の一キロほど前から、波の音が聞こえてきました。近づくと空気が楽に喉を通る感じです。なのに、酸素は濃密なようで、体が喜んでいるのが分かります。
IMG_0620.jpg   IMG_0631.jpg
 左側数十メートルはもう海です。ここらから、空気が変わったことに気付きました。右の写真は海岸道路が県道であることの標識です。県道408号線です。

IMG_0622.jpg IMG_0626.jpg IMG_0624.jpg
IMG_0627.jpg IMG_0629.jpg
 ご覧の通り、少し海は荒れていました。しかし、九十九里はこんなものです。風もありましたが、気温が高かったので、心地よいものでした。穏やかな気持で、自転車を滑らせました。近くには「国民年金特別融資国民宿舎、のさか望洋荘」があります。
 海岸には釣り人が相当数いました。海が荒れすぎているためでしょうか、釣果はイマイチのようでした。イシモチを皆さん狙っています。話を聞いた人は未だ釣れずとのことでした。
 ところで、「海岸」と言ってることに違和感がありませんか。ここは九十九里浜です。昔から、吉崎浜、野手の浜、長谷浜と地元では呼ばれる集落ごとの浜が連なって九十九里浜です。しかし、私は海岸と言っています。行って見れば「海岸」と言う言葉になってしまうのです。その話はまた明日。

スポンサーサイト



コメント
コメント
 確かに、房総は温暖です。しかも、夏は涼しく、冬は暖かいのです。隣の旭市は全国で、一番、気温の年較差が少ないと聞いたことがあります。魚は獲れる、果物野菜の産地にして畜産業も盛ん。特に豚肉は美味しいです。しかし、これ等の産業は「工業」なのです。多くの石油とそれを原料とする資材を大量に使うのです。ハウスはどう見ても工場です。それは牧畜も同じことです。産業を誇るべきなのかどうか、複雑な気持になります。
2009/05/20(水) 11:45:41 | URL | 八角(やすみ) #- [ 編集 ]
海辺を自転車で疾走するのは気持ちがいいでしょうね。でも、目に入る風景が浜→海岸を意識させているようで、人間が自然をコントロールしようとしたしっぺ返しでしょうか。
我が家の向かいに住んでいる方が千葉の方で、房総半島は温暖で暮らしやすいと言うのでネットで色々調べてみたことがありました。島生活と同じように、住んでみないと分からないことが色々とありそうですね。
2009/05/20(水) 08:31:38 | URL | 半農半遊人 #- [ 編集 ]
 その通りですね。しかし、困りますよ。そのことを明日は、続きで書こうと思っているのですから。先取り、されてしまいました。
2009/05/19(火) 20:52:16 | URL | 八角(やすみ) #- [ 編集 ]
その昔…。
人間が自然をコントロールすることができない「証」ここにも存在していますね。
2009/05/19(火) 20:44:15 | URL | こん #JecAxcZ2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック