FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
人間の尊厳とは?
 大学生の甥が電話してきて「ブログの草薙さんのなぎの字が違っている」というのです。それだけなら、こうして書くこともなかったのです。
 彼は「最後の5行はいらない」と言うのです。その上とは文脈が違う。言いたいことが、上と下では違うでしょう。それは私も分かってあえて書き加えたのです。その後の彼が言ったことには驚きました。「最後の5行は、その上を読んでいる時に、伝わってきた。だからいい文章だって言ったんだよ。だから、最後の5行はいらない」と言うのです。つまり、最後は蛇足だと言うのです。
 何でも、すべて説明しないと安心しない小心さは文章に限らず、授業の欠点でもありました。それを知りつつも直らないで来たのです。その欠点に気付くとは、なかなかの成長と驚いたわけです。成長とは文章読解力や鑑賞力、分析力に限らず、人間的にも成長したと感じたのです。
 そこで、今考えている「人間の尊厳とは何か」を問うたわけです。彼の答えは一言で言えば「生きた証」でした。甥との電話の最中に、大学時代の友人、Oから電話が入りました。彼には寝たきりで、重い認知症の母親がいます。そこで、彼にも「人間の尊厳とは」を問いました。O は「ことを成し遂げること」というのです。このブログをお読みの方にも、ご意見をいただければ有難いことです。


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック