FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
欲望の反対語は?
 欲望の反対語が何であるのか、考えていました。欲望が気になる事件・事実があまりに多いゆえのことです。
 国語副教材の「反対語」一覧を見ましたが、載っていませんでした。そこで「欲望の反対語」で検索しましたが、辞書にはないようです。机・時計に、トマト・きゅうりに無いように、「欲望」にも反対語は、国語上は、無いのかもしれません。
 「無欲」は反対語にならないでしょう。その「無欲」の状態を、別の言葉でなんと言うのかと、問うているのですから。「禁欲」も同じような理由で反対語ではないでしょう。意見が出ていましたので一つ紹介します。僧侶の宝彩有菜さんは「欲望」の反対は「与えること」だと言います。「欲しい」の反対は「与える」だからだというのです。仏教徒が「与えること」と考えることは良く理解できます。名詞の反対語を「与える」という動詞で答えるところが実践宗教=仏教の面目躍如というところです。
 「欲望」を「欲しがる」と動詞化したように、「与える」を名詞にすれば「贈与」「授与」となります。しかし、欲望の反対語が「贈与」「授与」となると「はいそうですか」とはいいにくいわけです。
 「欲望を満たす」といいます。ここに答えがあるように、今日、思い当りました。「欲望」の反対語は「満足」ではないでしょうか。欲望は満たされると消えてなくなります。満足からは欲望は生まれません。太陽が見えるときには月は見えず、月が見えるときには太陽は見えない。ゆえに陰陽という対になる。つまり、反対語になる。これと欲望・満足は同じ関係にあるように思うのです。
 もし、そうであるなら、欲望に突き動かされている我々に足りないのは「満足」だと言うことになります。満たされない思いは幸せ感を伴っていないでしょう。これからの日本人の生き方を考える上で、大切なものが見えるような気がします。日本人に足りないものが何であるかを、教えてくれるような気がします。
 
 


 
スポンサーサイト



コメント
コメント
OTOKONOOBASANさんへ
 そうですか。少しでもお役に立てたなら、幸せです。「欲望」の反対語を探されたということは、私と同じような問題意識をお持ちなのでしょうか。もしそうなら、これから、ご意見を伺いたいです。よろしければお願いいたします。
2011/03/21(月) 10:15:08 | URL | スキップ(やすみ) #- [ 編集 ]
「欲望の反対語」
私も本日同じように「欲望の反対語」とインターネットに入れて調べました。貴殿の回答がありました。有難うございました。
2011/03/21(月) 09:48:25 | URL | OTOKONOOBASAN #rvcWpjPc [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック