FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
義兄の楽しみ
 仕事一筋に頑張ってきた、義兄の話です。二人の娘を大学までやり、嫁がせ、息子は大学生です。持病もあり、少し疲れている兄の、三人家族になってしまった、今の楽しみは何なのか、少し気になっていました。
 先日、東京で会った甥の話では、親父はお得意様に行っては「内の馬鹿息子が」と愚痴を言い回っているというのです。「なぜだと思う」と聞きます。ヒントは、最近、しばしば、兄は甥を得意先に連れて行く事実です。
 そうです。連れて行った次に、得意先に行くのが楽しみなのです。「なんだ。あんたの息子さん、いい青年じゃないの。馬鹿だ、駄目だと言うから、どんなのかって思っていたけど、背も高いし、ハンサム、挨拶もしっかりやるし、大人とも会話が出来る。申し分ないじゃないの」思いっきり、けなしておいて、自慢の息子を褒めるだけ褒めてもらうという算段なのです。このための愚痴です。
 この話をしている甥も、怒って見せますが、まんざらではないようです。息子への、最大級の褒め言葉にして、最高の愛情表現であると思うのですが、どうでしょうか。
 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック