FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
旅番組、何を期待して観る
 NHK、夕時の「首都圏ネットワーク」で「渡良瀬遊水地」を訪ねる旅コーナーを観ました。題して「黄金のヨシ原を歩く」東京ドーム700個分の広さがあるとのことです。葦の刈り取りをする農家を取材し、よしず作りの様子とそのお話を聞きました。
 遊水地が造られたのは大正時代、洪水を防ぐために造られたことも紹介。魚とりが楽しい谷中湖の名も出揃いました。ここまを持ってきたのだから、足尾銅山鉱毒事件、それをめぐる地元住民たちの苦難と戦いの話を、そして、田中正造に触れるのだろうと思いました。ですが、それはないままに終わりました。
 確かに、この地方の歴史を紹介する番組ではありません。しかし、「渡良瀬遊水地を歩く」と題して置きながら、遊水地をめぐる、地域とそこに生まれた人々に刻み込まれている運命を避けて通る旅と何なのでしょうか。地域の生活の表層を眺めて通り過ぎる冷やかしに過ぎません。関心を持って、敬意を持って地域を扱っているとは言えないでしょう。
 同じこを「鶴瓶の家族に乾杯」が香川県の豊島に言った時にも感じました。あの50万トン産廃不投棄に、住民が一丸となって戦った事実に触れなかったのです。観光地としての顔を持つ島なのでイメージを悪くする、暗い話にしたくないとの配慮でしょうが、むしろ、不自然です。
 大変であった時の話を、その後の島の話を、住民に聞くことは、むしろ、礼儀であるとさえ感じさせられました。人と人との出会いや心のふれあいを大切にする番組であるがゆえに残念というものです。旅番組に何を期待してみているのか、考えさせられもしました。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 確かに、NHKは良質な番組を作っています。母が一日中、家に居て、テレビを観ています。朝から、NHKです。国会中継もずーと観ています。社会科教師の私でさえ、飽きるのですが、他チャンネルに変えて、散歩に出て帰ってくると、また、国会中継を見ているのです。本当に楽しいのかどうか分かりません。しかし、日曜日は朝からTBSです。関口宏のサンデーモーニング、サンデージャポン、アッコにおまかせ、夜は、さんまのスーパーからくりテレビというぐあいです。閉めは、大河ドラマでNHKに戻ります。
2009/02/20(金) 16:45:39 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
 地域の新たな価値に気付けるのは、指摘できるのは外部の人間の方が得意でしょうね。匝瑳市が持っている価値を捜しているんですが、浮かび上がってきません。
2009/02/20(金) 16:20:50 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
丸ごと理解する。
わたしは地理教員なので、こういう一面的な見方をしないように工夫して授業をやっています。最近のマイブームは「ホリスティックな了解」です。地域を総合的に知るといってもいいのですが、もっと納得するというか共感的に理解することが大切だと思います。そして、地元の方には日常であり、毎日の風景になっているものに新たな「価値」を見出すことが本当の意味の「エコツーリズム」だと考えています。
2009/02/20(金) 08:00:46 | URL | こん #RgHZRSQI [ 編集 ]
旅行番組といえば旅人が色々なところに行って,景色や名所をほめる事を前提として,さらに地域の人との接触ですね.
挨拶をする程度のものであれば現状のみを魅せるだけで“良い所だから皆も来たら?”で終われますが,
詳しく話を聞くものであれば陽の部分だけでなく陰の部分もしっかりと出さないといけませんね.
NHKは民放に比べて比較的しっかりしたものを作ってると思いますが,今回はなんとも中途半端な旅企画でしたねぇ.

うちも趣味で色々な所に旅行に行きます.目で楽しむことしかしてませんが・・・.
2009/02/20(金) 00:29:17 | URL | レディオノイズ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック