FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
だから、人は仏に手を合す
 「生きることは恥を重ねることだ」と聞きました。高校生の頃、大人達は「自分を信じられないのか、人生に自信がないのか」と頼りなくも、情けなく感じることがありました。
 しかし、それは違っていたのです。どんなに成功しようが、力強く生きようが、むしろそれゆえにこそ、人は、でしゃばり、己を主張し、ある時は怒り、焦り、ある時は人を傷つけ、戦ってしまう。愚かにも、勘違いをし、己を棚上げにして、人を諭し、叱り、指図をしてしまう。自然はもちろん、他者をも利用し、手段として生きても、みんなの為、社会のため、国家のためと言って、生きています。誤魔化さずに、己の真の姿を見詰め、覗き込めば、この通りでしょう。
 道を切り開こうとすればする程、恥を重ねなければなりません。ですから、仏に手を合わせ恥を預けなければ、前に進めないのです。預けた恥を眺めながらの生活です。
 
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック