FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
小泉元首相引退スマートだが
 あの小泉さんが引退を表明しました。地位・権力にしがみ付き、老醜をさらけ出す前の、スマートな引き際と心地よく受け取りました。指導力なく、仕事ができずに、退陣しにもかかわらず、今も、党内人事に口を出し、権力を操る大物のごとく振舞っている森元首相に比べれば、高尚と認められるでしょう。
 しかし、個人ではなく、自民党総裁・首相として権力を背負った時、彼の人品が高尚であったかといえば、それは別です。「どこが戦闘地域か、私に分かるわけがないでしょう」と開き直りましたました。また、郵政民営化に反対する者こそ構造改革の「抵抗勢力」であると宣伝して見せました。この宣伝は分かりよかったのですが、実は、複雑な構図を解説するのでなく、単純に見せるために嘘を組み入れ、浮かび上がらせた虚構を基に、国民に選択を迫る誤魔化しのテクニックでありました。更に、この郵政選挙で「刺客」を立てたのです。下品さは「刺客」達と同じです。
 そもそも、「構造改革」「規制緩和」とはなんだったのでしょうか。今思えば、小泉内閣が実施した規制緩和は大企業経営者、ベンチャー創業者達の「倫理」の「規制緩和」であったと見えてくるのです。その象徴的な政策は「派遣労働法」の規制条項を取り払い、製造業にも解放したことです。これにより、正社員はリストラし、非正規雇用を増やし、人件費を減らした大企業は中小零細・個人経営が不景気に喘ぎ、若者がワーキングプアーとなる中、バブル期を越える史上最高益を上げてきたのです。
 この規制緩和が如何に社会正義に反するかを明確にしなければなりません。派遣労働とは「中間搾取」、いわゆるピンハネを前提として成り立つ業務です。暴力を伴う強制労働に結び付くとしてピンハネは「労働基準法」によって禁止されました。「派遣労働法」は法律違反です。つまり、例外として認められたのです。だから、多くの規制条項を付けました。それを払いのけたのが小泉さんです。大企業経営者は規制緩和されたその改悪法にさえ違反してきました。「倫理の規制緩和」と言われても反論できないはずです。
 経済的格差は不平等という不公正によって生まれたのであり、努力と能力と意欲の格差の結果ではないと確定する時がきました。
スポンサーサイト



コメント
コメント
  そうですか。デモに行きましたか。その日に、横須賀選出の小泉さんが引退表明するとは。
 少し褒めすぎてしまったようです。次男を後継者にするらしいです。決して、褒められたことではありません。これをしなければ、個人の身の処し方としては完璧だったのに。やはり、正統な民主主義者ではありませんね、儒教的倫理観も血肉になっていないようです。


2008/09/26(金) 08:53:46 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
小泉も投げ出し!
自分がつくった泥舟なのに、一緒に沈むのはイヤだという小泉流「美」学ですね。ほんとうに無責任!
昨日、原子力空母ジョージワシントン母港化反対の集会で横須賀のヴェルニー公園に行った。小腹が空いたので、JR横須賀駅西側の行ったことがない方角に足を向けた。呑屋に入店すると、カウンターだけの店内はジジババでほぼ満席。仕切り屋のオバチャンが、わたしにここに座れとイスを勧めてくれる。そして、カレラの話しを聞いていると小泉話…。地元とは言え、いまだ人気が高い。そんな、ジモティ・マインドをフィールドワークしながら、デモに向かった。集会参加者は3800人と主催者側発表。しかし、デモというのに、車道を渡らせないで、歩道橋を渡ってから車道のデモに移る。米軍横須賀基地正門前でシュプレヒコールを上げるが、門前までは道を隔ててだいぶある。気合が入らないまま、シュプレヒコール終了。周りには米兵らしき外国人がビールを飲みながらデモを眺めている。
とりあえず、ご報告まで。
2008/09/26(金) 07:51:32 | URL | こん #JecAxcZ2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック