FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
逆効果都バス車体広告
 今日は、三ヶ月に一回の母の定期診察の日です。朝7時に、東京は江東区の順天堂高齢者医療センター(もちろん、「後期」 は付きません)に向けて、出発しました。
 診察を終え、薬をもらうために、駅前の薬局で待っていると、都バスがロータリーに入ってきました。大分驚き、興ざめしてしまいました。バスの車体一面に、大きく、どぎつい色で、焼肉やさんの名が幾つも書いてあると思ってください。眼線が錯乱、紙くずが飛び交います。
 地下鉄やJRの車両も広告を背負って走っています。その車両にいたずら書きをする事件が報道されましたが、ならばこれも「事件」でしょう。美しい町並み・景観を財産と考え、守ろうと言う時代に、首都を走る、その都が運営するバスが景観を壊すゴミを振りまいて走っているのです。この感覚が分かりません。落書きが良いわけが無く、広告とは違います。しかし、田舎から出てきた者にとって、あの広告もいたずら書きもこころ乱すものであると言う点では同じなのです。
 落書きが醜悪なら、車体広告は醜態です。経済合理性を追求することが最高に理性的であると信じて疑わない軽薄さをさらけ出して憚らないことを言っています。まずは、こうしましょう。この焼き肉屋さんで食事をするのは止めましょう。



本日は、学校に野暮用に行った帰りに6個、散歩で、2個の8個でした。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 今、「昭和史」(新版)岩波新書を読み直しています。色々発見、思うことがあるのです。その中に、政治家、特に国会議員・官僚への不信感、期待感を失っている時は、政治の危機であるということです。不信感が政治を極端な方向に向かわせたり、政治的宣伝・デマに乗りやすくしているということです。ですから、自分が政治に絶望していると感じたら、注意が必要と言うことです。
2008/08/25(月) 21:57:38 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
知事が石原というだけで、マイナス・イメージです。千葉の堂本知事を「最高齢知事のばばぁ」と言った石原ですが、実は自分がその次の高齢者知事と知ってからは、言わなくなりました。そんな知事を担ぐ都民の見識を疑ってはいけないのが主権在民の厳しいトコですね。
2008/08/25(月) 19:53:57 | URL | こん #JecAxcZ2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック