FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
耳疑う解氷の北極海開発
 白熊を絶滅危惧種に追い込んだ、温暖化環境破壊の象徴が北極海の解氷です。今後、これを元に戻すことが各種環境会議の目標になるだろうと思っていました。
 ところが、テレビ報道によると、沿岸諸国や国際石油資本が、解氷して航行が可能になった北極海の開発に意欲を見せ、権益を争っていると言うのです。耳を疑いました。国連はもちろんですが、温暖化の深刻さをアピールしているのは各国政府も同じです。ですから、その所業とは思えなかったのです。これは、違法投棄した業者が反省を示し、指導に従うと見せてる一方で、投棄場に穴を掘り、産廃を埋め立て、出来た平地を宅地として売り出すようなものです。
 洞爺湖サミットでの、石化燃料に頼らず、新しいエネルギーを開発し、未来を切り開くという覚悟はなんだったのでしょうか。文明のあり方を根本的に改める方向に未来があるとの見識にたったのだと思っていましたが違っていたようです。
 滅ぶ者は、ある限界を過ぎると、一番、やってはいけないことを選んでやってしまい、向かってはいけない方向に走り出すと言います。そんな怖さを覚える北極海開発競争です。
 


本日は二個でした
スポンサーサイト



コメント
コメント
 あるべき姿が何なのか、それを確定し、説明説得する。どんな集団であっても、ことをなす時のリーダーの行動の仕方です。そんな政治家、政党がいなくなってきました。学校と言う職場にも、キーパーソンといわれる、見られる人が不在な学校が増えているようですね。
2008/07/31(木) 21:26:50 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
哲学がないのです。
CO2削減を言う県当局が、自動車通勤を強制するトンチンカンと一緒ですね。全体が見えていない縦割り行政のようなものです。わたしは、自宅から8.4キロメートルを職場まで自転車通勤です。交通費は半年で2000円。なにか違和感を禁じ得ませんねぇ~。
2008/07/31(木) 20:42:15 | URL | こん #JecAxcZ2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック