FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
漁民滅ぼし漁港造る愚かさ
 東京新聞7月18日「こちら特報部」欄で、漁業盛んな宮城県気仙沼の市長が国の漁港整備費を漁業燃料費補填に回すように、要望していると知りました。尤も、健全な主張であります。
 以前、ある県が第二漁港を造成した時に、地元関係者は必要を感じていなかったと聞きました。名目は漁業振興費として国から引き出しますが、内実は違うのです。土建業の県会議員達の力が働く、無駄遣いの構図がそこにもあったのです。
 本年度、国の水産予算二千四百億円の六割が公共事業関係費用だと新聞は言います。このままでは漁民の三分の一が廃業、八万5千人が失業し、生産高は最大五割減ると、全国漁業組合連合会は試算しています。漁民を滅ぼしながら、その一方で、漁港を造り続けるのでしょうか。
 ならば、もう、これは無駄遣いの域を超えています。目的と手段が逆転している「退廃」であります。戦前、一億総玉砕をしてでも、国を守ると公言した軍部を連想してしまいました。



今日は5個でした。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 何のための権力なのか。それが国民のため、社会のため、出ないことが見え透いてしまっている不幸の中、私達は生きているように思います。
2008/07/19(土) 15:12:13 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
我が家の近くにある漁港も、直ぐ近くに大きな漁港があり必要性がないものです。漁業専従者の使用頻度は遙かに低く、自然(リーフ)を壊してまでも造る必要があったのかと疑問を持っています。今は地元の方々も“こんな漁港いらない、海が変わってしまった”と言っていますが、時の先導者に地元住民も従った経緯があります。いつの世も権力と利権は無くならないようです。
2008/07/19(土) 09:50:01 | URL | 半農半遊人 #- [ 編集 ]
お誘いいただいた「河原井純子さんのおはなし会」の方は参加可能です。また参加したいと思っています。アクシデントが起きないことを祈るばかりです。
2008/07/19(土) 08:46:53 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
 無駄が大切なのは、無駄が良い結果を生む可能性があるときです。無駄のための無駄では正真正銘の無駄です。その無駄がどれだけ、人を無意味に歩行にしているのかという想像がしたくない、しない、出来ない政治家官僚が多すぎます。
2008/07/18(金) 21:15:58 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
そういう、国です。
目的が手段になっている。手段が最大の到達目標になっている。国民とか産業とか、国土保全とかをこの国の政府(自民党+公明党)は考えたことはないのです。常に存在するのは「利権」と「既得権益」の保全です。そういう政党を選んできた主権者は何を言えばいいのでしょうか?哀しいかな、この国の行く末です。
2008/07/18(金) 20:14:23 | URL | こん #JecAxcZ2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック