FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
自給作物料理
 地理の期末試験が4日(金曜日)に実施され、答案を抱えて、帰宅。夜、甘酒を飲みながら、三分の一ほど採点を済ませました。非常勤講師としては「一学期も終わりだな」と安堵して、梅酒を飲んで眠りに就いたのです。
 適度にアルコールを入れた身体は、朝、軽いのです。そんな訳で、昨日は、5時に床を抜け出しました。畑に行き、野菜たちの様子を伺います。トマトの急成長に驚き、添え木に結わっていた紐の位置を30センチも上にずらしました。雑草たちの勢いは止まりません。作物より背が高い草を抜きます。一番奥まで来て、高く茂った草の中に、まだ、たまねぎが埋もれていることを思い出し、草を分け分け、小さいままのたまねぎを5つ救出しました。庭に帰り、人参が茂っているので、間引き、それを井戸水で洗い、持ち帰えりました。
 いつも朝、母はご飯に、味噌汁、大根おろしに、医者から処方された栄養ドリンクだけです。そこで、思い付いたのです。先日収穫したジャガイモ、今日取ってきたたまねぎ・人参と、シイタケとハムを細かく切ってコロッケの具を作り、そこに牛乳を入れ、煮込んで、水分を飛ばして、流動食風にしてみようと。これなら、栄養バランスが結構いいでしょう。
 予想通り、母親は「美味しい」といって、完食しました。確かに、ジャガイモも人参も、そして、たまねぎも、包丁を通してその新鮮さが伝わってくるほどに、生きています。口に入れるとそのまま、身体に溶け込んでゆくような一体感がありました。無農薬・有機栽培、そして、無添加料理と知って食べるから、そう感じたともいえますが、それだけではない実感でもありました。
 そういえば、いつも井戸水を飲んでいる愛犬ぼーに水道水を与えると、一口すすって、首を少しかしげ、間を取ってから、また、すするのです。味が違ったからだけなのか、それとも、水道水に違和感があるからなのか、そこは分かりません。
 
スポンサーサイト



コメント
コメント
  私のような、怠け者で、不器用な者が自給生活が出来るのかが問題ですが、質素にして簡素な自給生産を中心とした消費生活を基盤とした生き方を選び、できることが私の幸せの核であると思い、努力しよううとも思っているところです。
2008/07/06(日) 21:00:05 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
無農薬・有機栽培は手間が掛かり大変ですが、一番安心して食べられる食材ですので頑張って下さいね。
今日、近所の農家の方と話したんですが、燃料に引き続き肥料・飼料が高騰し経営が大変と頭を抱えていました。
このままの経済状態が続くと、自給自足が生活基盤になるかも知れませんね。
2008/07/06(日) 20:18:58 | URL | 半農半遊人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック