FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
コロナ鬱調査
 今日の東京新聞社会面に、厚労省が来月コロナ鬱調査を一万人規模で行うとの報道がありました。米国で精神的苦痛を感じる人の割合が45%あったとのデーターもあるそうです。精神保健福祉センターへの相談には「不安で心がおかしくなりそう」「不安で眠れない」「うつ状態になりやる気が起きない」「飲酒量が増えた」「収入が減り生活が不安」などがあります。
 そういえば、私も「つまらない」と口に出すことが増えました。2月から外出は買い物、散髪屋、3月22日に教員時代の先輩に誘われて中学校の桜を観に行った、解除後近くのレストランに数回行っただけです。来客は拒みませんが、この5が月で10組ほどでしょうか。東京に出たのは1月5日、甥と銀座に行って以来ありません。というか、千葉にも成田にさえ行っていません。つまり、家にいる時間が圧倒的に多いと言うことです。
 自然と、テレビを観る時間が増えます。8時からは羽鳥慎一モーニングショー、続いて、大下容子ワイドスクランブルTBSのゴゴスマを見ることも。日曜8時からはTBSサンデーモーニングは必ず観ます。その結果言えることは、コロナ感染拡大防止対策は国民への協力呼びかけと、非常事態宣言の発令だけです。
 しかし、政府は二度目の非常事態宣言を出すことは考えていません。避けよう避けようとしています。ゆえに、拡大防止対策は国民への協力要請のみになります。これって、安倍政権得意の丸投げではないでしょうかね。ここに及んでも、国民の命に係わることにも丸投げできるんですね。ここで一首


   「 自己責任 」染めず来たが国を診て
                覚悟を決めた自守自活自助
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 落語のジャンルの一つに権力者を笑うと言うのがあります。典型的なのが殿様です。その中に、ほうれん草のお浸しを食べる殿様の話があります。前に食べたのよりおいしいので、どういうことかと三太夫に聞くと、前野は場内で撮れたホウレンソウで今日のは百姓から買い求めたものですと答える。どう違うのかとの問いに三太夫「場内では水肥えを使いますが、百姓は下肥を使うので、味が濃くなります」すると殿様ご飯茶碗を刺しだし「ではこれに下肥とやらを掛けてまいれ」
 世情に疎いバカ殿を笑っているわけです。安倍sy住しょうもこの殿様を笑えないのではないでしょうか。
2020/07/29(水) 11:00:21 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 私は元々引きこもり生活なので不自由はありませんが、先が見えない不安というのはありますね。コロナの正体がまだ分かっていませんので、手の打ちようがないですが、やはり個人個人がよく考えて行動するしかないですね。それにしても、収入が途絶えてしまって食費にも事欠く人が増えているようです。地獄を見ている人が沢山いるんでしょうね。またアベノマスクが配布すされる予定だすですが、皆が要らないと言っているのに、何故強引に進めようとするんでしょうね。
2020/07/28(火) 20:16:11 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック