FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
グテレス国連総長五大国批判
 グテレス 国連事務総長が安保理の五大国による拒否権独占を批判しています。これ拒否権により、国連が機能不全に陥っているとの認識です。これは自著「語り継ぐ戦争と民主主義」の二部「憲法九条は理想か空想か」で述べたことと一緒です。引用します。
 「平和のために、名誉ある地位を占めたいという憲法前文に従うなら、国連の議決は一国一票制とし、多数決原則を採り、その決定に従い行動することを原則とするべきです。大国は拒否権に頼らずに、大国らしく諸国を説得する度量を持ってほしいものです。」全く同じことをグテレス総長も言っています。
 先日書きましたように、防衛のためには先制攻撃が必要だ、と言い出した自民党、それを否定しない安倍政権。これも、私予言していました。 
              「その内に言い出すだろう攻撃が最上級の防衛なると」

 これは「追従で国を損なう安保ン丹」に載せた短歌です。自著に書いたことが次々実現、というか現れ出るのではないかと心配しています。例えば、

    老人減コロナ無策が狙ってる

    マイナンバーぶら下げ歩く日も近し

    隠す手間省くぞ書かぬ会議録

    やばい国なぜか選ぶは滅ぶ道
           滅びの道をGO-TOGO-TO

    復興より復古が進む七年後

 などなどです。「語り継ぐ戦争と民主主義」には、これ以外にも、いくつもの心配を書いています。それらも、当たってしまうのではないかと恐れています。
スポンサーサイト



コメント
コメント
朝日新聞みたいな天声人語
天声人語も落ちたもんですよね~
そっくりな文章で驚きました^^
2020/07/22(水) 20:38:51 | URL | waravino #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック