FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
コロナ対策提言書を6知事に送る
コロナ対策提言書
2020年4月12日

 突然の申しようで、無礼をお詫びします。が、ただ、無為に座していることに耐えられなくなり、提言などと大それたことに及びました。
 この提案に至った心情をご理解いただくために、新聞投稿した文を下に書き入れました。まずはこれからお読みください。

休業補償費は市民の寄付で
 安倍首相がコロナ感染爆発の危機に際しても動きません。密閉・密集・密接の三密を避けるようにと国民には訴えているのですが、通勤ラッシュを放置し、休業を促す補償にも取り組まないのです。
 安倍首相の見せ掛け、誤魔化し政治を見せ付けられてきましたが、さすがに今回は、実質が伴う行政行動を採るだろうと思っていました。しかし、癖は直らないものです。
 といって、医療崩壊、否、社会崩壊を座して待っているわけにはゆかないのです。社会がどうなっても、自分さえよければよい訳がありません。手を取り、穏やかな街を歩く家族連れの姿と共に、自分の幸せもあるのです。社会の安定あってこその健康健全な生活です、人生です。
 ですから、国が動ないのであれば、市民が休業補償費を負担しようではないかと思うのです。都道府県は、すみやかに、このための口座を設け、市民に広報してほしいと思います。
営業自粛とその補償はセットです。独仏英政府は当たり前のように実施しています。安倍首相の「国民の生命と財産を守るのが私の使命」は国家を守る国防費を積み上げはしても、市民を守るためには作動しないのです。

ドイツのメルケル首相が文化を守るために、その担い手や団体に6兆円の支援をすると決めたという話には心動かされました。ならば、生活支援にはどれ程を拠出しているのかは想像できます。
 それに対して、感染防止や産業維持のための休業補償や生活支援を渋りに渋っているのが安倍首相です。出したくはないが先にあり、仕方ないから、支援するポーズを採っているように見えます。
 日本は、様々な問題を抱えているとはいえ、世界三位の経済大国です。その政府が同胞の窮状を放置するのであれば、経済主体の一つである消費者=市民が腰を上げなければならないだろうと思うのです。もちろん、ここにもう一つの主体である企業を加えてもいい訳です。
 同じ思いの方が大勢いらっしゃると思います。是非、音頭を採っていただきたく存じます。市民の良識を信じてください。ご検討をお願いいたします。


以上です。このアイデアを拡散ししてください。
スポンサーサイト



コメント
コメント
船橋ヒロさんへ
 警察による忖度ですね。右翼が野党候補にヤジを飛ばしたら同じことをするのでしょうかね。
 私達も国会議員会館前抗議集会をっ通から抜け出して官邸方向の地下鉄入り口に向かうと制止されます。一般の方々は通行自由なのにです。これが平然と行われます。
 通行権の侵害だと抗議すると、協力を求めているだけだと言います。協力しないと言っても道を開けません。それでも前に進もうとすると体を寄せてくるのです。結果、指揮官とおぼしき者が入り口まで付いて行けと指示して、その場は収まりました。後味の悪い思いをします。
 この時に、周りの人も抗議することが必要です。法に基づかない規制は勿論法律違反であり権力の乱用ですからね。
 こうして、自由が奪われてゆきます。これを放置してみていた人たちにも、そのうちに乱用が及ぶと言ったことになるでしょう。
2020/04/26(日) 22:51:44 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
今日北海道放送が放送しました。
ご覧ください。
https://youtu.be/X42DstsPmsc
2020/04/26(日) 16:05:23 | URL | 船橋ヒロ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック