FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
休業補償は市民の寄付で
 安倍首相がコロナ感染爆発の危機に際しても動きません。密閉・密集・密接の三密を避けるようにと国民には訴えているのですが、通勤ラッシュを放置し、サービス業休業を促す休業補償にも取り組まないのです。
 安倍首相の見せ掛け、誤魔化し政治を見せ付けられてきましたが、さすがに今回は、実質が伴う行政行動を採るだろうと思っていました。しかし、癖は直らないものです。
 といって、医療崩壊、否、社会崩壊を座して待っているわけにはゆかないのです。社会がどうなっても、自分さえよければよい訳がありません。手を取り、穏やかな街を歩く家族連れの姿と共に、自分の幸せもあるのです。社会の安定あってこその健康健全な生活です、人生です。
 ですから、国が動ないのであれば、市民が休業補償費を負担しようではないかと思うのです。都道府県は、すみやかに、このための口座を設け、市民に広報してほしいと思います。
 営業自粛とその補償はセットです。独仏英政府は当たり前のように実施しています。安倍首相の「国民の生命と財産を守るのが私の使命」は国家を守る国防費を積み上げはしても、市民を守るためには作動しないのです。

スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 同感です。メルケルさんご自分を一市民と民指揮していらっしゃるのでしょう。その点、安倍さんと違うのです。「美しい国」の大様ですからね。我々醜い人間に居場所がないのが「美しい国」です。
 市民の寄付で休業補償をするしかないのが淋しいですね。これ、都道府県知事がシステム作りを支持してほしいです。
 とにかく我々老人は感染しないことが働きです。家に籠りましょう。自分を見つめなおすいい機会かもしれません。
2020/04/11(土) 23:21:06 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 ドイツのメルケル首相は、陰性となったため、テレビを通じて国民に現状を語りましたが、力強く,温かく、心にしみる内容で、首相とはこうあるべきだという見本のようなものです。この包容力がなぜ日本の首相にはないのか。情けなくなりました。ネットカフェでその日暮らしを続けている人たちは餓死の危機にあるようですが、政府はまったくの無策で、何とか逃げたいのが見え見えです。人間の尊厳の危機と言うべき大変な事態なのに、難しい条件を付けて個々に申請せよとは余りにも無体な対応ですね。スキップさん、栄養と睡眠を十分にとり、お気を付けくださいね。
2020/04/11(土) 21:52:47 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック