FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
見せ掛けが危機を生んだ

 2月25日、政府はコロナウイルス対策基本方針を、専門家委員会は見解を公表しました。曰く「ここ二週間が急速な拡大か終息かの瀬戸際だ」そして、近距離での接触を避けるように要請しました。
 しかし、これは自明のことです。しかも、重症患者を守るとの理由から、軽症者には自宅待機を求めるに及んでは呆れるしかないのです。「目出度く重症化すれば治療が受けられます」と言っているに等しいからです。
 連日、臨床医たちが「早期発見、早期治療は医療の鉄則」と述べています。これも1+1=2と言っているようなもので、国民的合意に属します。医師たちがこの不要な説明をせざるを得ないように追い込んでいるのが政府なのです。
 なぜ、主治医にウイルス検査をさせないのでしょうか。政府はそれを保健所などの無理解と責任を押し付けます。民間検査会社を加えれば、日に万単位の検査が可能と聞きます。政府が保険適用を宣言すれば、検査解禁と理解し、医師は必要に応じ、検査をするでしょう。なぜ、これをしないのか、多くの国民がイライラしています(27日午後、保険適用に動くとの情報が入りました)
 これほど自明なことを政府が実行しないとすれば、考えられるのは感染の拡大事実を白日の下にしたくないからと思わざるを得ません。もし、中国と変わらない感染拡大が分かれば、オリンピック開催が危ぶまれるからです。
 夏の東京は温暖と説明して、マラソンも心配ないと見せ掛けたその挙句の札幌への変更という失態から何も学んでいないのです。というか、他にも多くを見せ掛けしてきた、その癖が思わず出てしまった結果のコロナ危機と言った方が正確でしょう。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック