FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
安倍首相側近、萩生田文科大臣の本音でる
 大学入学共通テストに導入しようとしている英語の民間試験をめぐる問題に対する質問に答えた萩生田文科大臣の本音が出ました。この試験の導入に、受験生のは経済格差や地域差が試験の公平を欠く恐れがあると高等学校校長会など、多くの機関個人から疑念が上がっています。
 その中、フジテレビ系の番組に出た萩生田大臣「「自分の身の丈に合わせて勝負してほしい」と発言。不公平になることを認めた格好です。その上で、改善も撤回もしないのですから、これは開き直りです。でなければ、世の中には貧富の差があって当然、その中でのし上がってこい。上がってこれないのは、それは自己責任だ」との思想を持て居られるどちらかでしょう。
 この認識の仕方も問題ですが、教育の機会均等を実現する責務を負う文科大臣かその責務を放棄していることはさらに問題です。基本原則を蔑ろにしています。というか、原則を原則と認めない傾向は安倍政権の顕著な特徴です。集団的自衛権は認められないと歴代内閣が示した原則を尊重しなかった。憲法の番人の内閣法制局長官人事に介入して、容認派の小松一郎氏を長官にする手まで使いました。原則武器輸出禁止を原則輸出解禁に変えました。今回も、文科大臣の責務の原則に挑戦しています。 ところが、昨日の世論調査では安倍内閣支持が54%と出るのです。
この発言、要は生き方が出てしまったと言うべきでしょう。ですから、いくら謝っても撤回しても、本音ですからもう、謝罪も撤回も、、受け取ってもらえませんね。そこで川柳です。


     自虐的蔑まれても政府支持

     驕る者力に頼る弱さあり

    労基法骨抜きにする策続く

    プレミアム使えと言えど無い元手

    国民には「おもてなし」ない五輪前
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 なんともやるせない世の中になりました。何とかこの状況を打開したいのですがね。力が集まらないというか、そもそも、今の政治社会経済状況に疑問を感じない市民が多いのでしょう。或いは、自分の生活を支えるのに精いっぱいということなのでしょう。
 国民に余裕を与えないことも政策なのでしょう。生きぬように殺さぬように。
2019/11/11(月) 09:54:16 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 わあ、さすがに見事な川柳が並んでいますね。皆さんが読んでくださるといいのにと思います。それには宣伝が必要なんですよね。
 安倍首相と萩生田氏、生き方が言葉になって出てしまったんですね。身から出た錆とはこういうことなんでしょうか。
2019/11/02(土) 18:24:09 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック