FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
民主主義の本義
 小学校の学級会の時に、いつも不安なことがありました。それは「多数決が原則だが、少数意見も尊重しないといけない」という矛盾への戸惑いです。
 後に、少数意見の尊重とは「現在の多数派が、将来、少数派が多数派になる道を保障すること」と知りました。これで、上の矛盾は解消されましたが「決定の仕方だけが民主主義なのか」との疑問は残りました。「民主主義は手続きがすべてだ」というのですが、どうなのでしょうか。
今、多数決ばかりを強調する風潮の中、「多数は力」が「多数は正義」へと変貌しています。ですから、野党との論議は軽視され、国会から市民を代表する機能が失われています。自己責任論を言う強者を代表する政権が「正義」の名の下、独裁するのです。「民主」とは市民が主人公という意味です。これを裏書きするのが基本的人権であり、人権を奪う天才である戦争を放棄する平和主義へとつながります。人権が民主主義の思想なのです。
 こう考えると、近年の息苦しさの原因が見えてきます。自民党や日本会議国会議員懇談会関係等の会合では、彼らの本音が飛び交います。例えば、稲田朋美元防衛大臣「国民の生活が大事なんて言う政治は間違っていると思うんです」「日本だけが道義大国になる資格がある」長勢甚遠元法務大臣「基本的人権・国民主権・平和主義を堅持するという党憲法改正草案に不満だ」立派な右翼思想です。
 安倍一強に従っていたら、市民が政治の前提としている民主主義が壊されてゆく。ならば、多数決は手続きに過ぎず、民主主義の本義は人権にあると確認し合おうと思うのです。が、すでに私達は他国に先駆けて、右翼政権の支配下にあります。

スポンサーサイト



コメント
コメント
 美代子さんへ
 安倍政権が極右せいけんであることはもう明らかです。説明を要しません。なのに、マスコミもい記者もそういう者は少数です。おかしな話です。これも、極右政権下にある証拠の一つになります。
2019/10/01(火) 22:51:36 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 本当ですね。気が付いたら私たち国民は右翼政権の支配下にありましたね。有罪も無罪にしてしまう恐ろしい国です。しかし、無罪の者を有罪にするのだけは避けたいですね。
2019/10/01(火) 15:03:13 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック