FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
知人友人に本の予約を依頼(文)
 薫風薫る5月です。愛犬と庭でモーツワルト、ポール・モーリア、シルビーバルタンなど、ジャンルがバラバラですが、薫風の中聴いております。至福の時です。

 さて、この度、あけび書房より「語り継ぐ戦争と民主主義」という本を刊行することになりました。是非、読んでいただきたくお知らせさせていただきます。
販売は6月7日より、主だった書店では手に取って購入できますし、全国の書店より注文できます。また、アマゾンからも注文できます。「八角宗林」か「語り継ぐ戦争と民主主義」で検索してください。一番上に現れると思います。5月19日現在、すでに、先行予約できます。
 また、お読みになって、人様にお奨めできるものと判断されたなら、是非、紹介していただければ有難いです。さらに、所属する団体・組織の機関誌・広報誌に本を紹介していただければ望外の喜びです。
 本を世に出そうと思ったのは安倍政権への不安と怒りです。これだけめちゃくちゃなことをしているのに、安倍政権批判の論調は主流になりません。そこに不自然さを感じたことが始まりです。もっと安倍政権に対して、本音を言っていいのではないでしょうか。そんな思いで、書き上げました。本の概要はアマゾンの該当部分を開けばお読みになれます。検索してください。
 6月までに発行していただいたのは、参院選を意識してのことです。私ごときが書いた本がどれだけの影響力を持つかは疑問です。しかし、かといって、座して手をこまねいていることが出来なかったのです。今、私の座右の銘は「成功の対義語は失敗ではない。何もしないことだ」です。この言葉に従うことで、刊行にまで、持ち込めました。思い立ってから11ケ月かかりました。
 皆さんご存知のように、私はごく普通の市民です。極左でも、新左翼でも左翼でさえはありません。強いて言えば自由主義者です。日本国憲法が示す民主主義が私の思想と言えば思想です。ということは日本人の大多数と同じです。それを九条の会の活動をしていると言うだけで極左だの、偏向だとして、危険人物にされています。このことの方が危険です。この危険な動きにストップをかけたいがための出版です。一人でも多くの方が読まれることを期待して、お願いしています。よろしくお願いします。思いつめた雰囲気で申し訳ありませんね。つい興奮してしまいました。

2019年5月19日
                                                         八 角  宗 林


      戦争を知らない子から恐れぬ子

      改憲に結束するもポスト安倍

      ベトナムの反省何処へ星条旗
スポンサーサイト



コメント
コメント
 美代子さんへ
 ありがとうございます。私も、新聞社はもちろん、労働組合や市民団体に献本し、機関誌で紹介していただくようにお願いしようと思っています。
 多くの難問を抱え、世の中が内向きになり、委縮しているように思います。それを直視ししたくないがための五輪や大阪万博のように感じてしまいます。
2019/05/24(金) 11:22:21 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 スキップさん、沢山の方に読んで頂きたいですね。ご著書を、中日新聞と東京新聞の新刊案内に送るつもりです。上手くいけば記事にしてもらえるかもしれませんが、このご時世、尻込みされなければいいんですが。。新聞社も正義を貫くのが難しくなり、とんでもない世の中になろうとしています。スキップさんの今日の記事を拙ブログに無断で転載させて頂きました。ご容赦ください。
2019/05/24(金) 09:25:13 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
船橋ヒロさんへ
 是非、読んでいただきたいです。また、様々な機会に広めていただければ、感謝です。

 安倍政権の支持率がこの期に及んでも、50%あるのは不自然です。健全ではありませんね。そこを明確に言わないといけないと思っての本書きです。
2019/05/23(木) 06:37:58 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
本出されたんですね!
是非読ませていただきます。
ツイッターなどで紹介してよいですか?
2019/05/23(木) 00:13:12 | URL | 船橋ヒロ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック