FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
映画「阿弥陀堂だより」を観る
 昨日、テレビで「阿弥陀堂だより」を観ました。見入ってしまいました。
 一言で言ったら「日本が失ってしまった良きものをちりばめた」映画です。失ってしまったものを恋い慕うがゆえの涙が苦しい時間でもありました。昔のすべてがいいと言っているのではありません。今のすべてが悪いという気もありません。しかし、失ってしまったものが果たしていた役割を代わって背負う仕組みがないことは明らかです。
 豊かさを得たがために失ってしまったものの大きさ、偉大さに打ちのめされる思いがしました。今何ができるのか、サタデースクール講師を首になり、交通安全協会理事兼支部長を辞任して、身軽になった自分は考えています。第三の人生、最後の人生の選択というところです。


    駆け引きの掛け合い戻り信成らず

    ホリエモン塀の中から観てた星

    父母老いぬ誘拐事件埒明かぬ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック