FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
9.19安倍九条改憲NO、安倍内閣は退陣を集会に参加
 昨日は、9月19日、戦争法通過から丸二年の日でした。ついこの間、とても二年たってしまったとは思えませんね。
 まずは、上野の東京芸術大学の学生食堂で「盛り合わせ」という学生一番人気を注文しました。これが、なかなかの味、550円なら御の字です。皆さん静かに会話されていました。何となくお上品な感じです。
 食堂を出て、芸大と中国の師範学校の合同展が開かれていましたので、元中学校校長にして、美術の先生であったMさんと鑑賞することにしました。その中に、坂田哲也さんの「憧憬」という作品に心が引かれました。もう一度見に行くほどでした。係の学生さんに「坂田さんは芸大の学生さんですか」と聞くと60歳代の「教授」とのこと「。なるほど、教授か」と納得。 「 静かな、落ち着いた空気の中で、好きな美術や音楽の勉強ができる幸せを感じているのかな、それに気付いているのかな」と思ってしまいました。物静かな学生さんたちの物腰は私の杞憂であると語ってはいるのですが。
 その後、国立西洋美術館の「アルチンボルド展」に行きました。正直、失敗でした。知識のない自分はこの画家は現代美術に属すると思っていましたが、なんと、15世紀の人なんですね。驚きました。と同時に、この人は人間の醜さを晒す為にこの絵を描いているのではないかとおもいだしました。時代は、まだ、宗教画の時代です。その時代に会えてこのようなグロテスクな人物画うを欠くというのは、人間が嫌い、人の醜さに焦点を合わせる芸術家なのではと思うと、とてもこれ以上鑑賞し続けることができなくなりました。そこで、常設展示会場へ移動しました。

 そして、集会です。なんと、10500人が集まりました。各政党諸団体の代表のあいさつ。その中で、韓国の大統領辞任要求100万人デモのリーダーから聞いたという話がありました。なんと、あのデモのモデルは2015年の戦争法反対の我々の集会であったという事実が語られました。市民が集まり、国会を包囲して「廃案にしろ、しないなら退陣せよ」を叫び続けたことが、我々がうらやましく思った、あの100万人デモにつながったというのです。勇気づけられた集会でした。


     投げ出さぬだけ成長の解散だ

     読売が争点示す総選挙

     アラートがアベに注意と鳴いていた

     森加計が小さいと言う大問題
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 権力を持つ人間は自制的でなければいけませんね。ところが、その真逆が現実です。自分を縛る原則原理を端から持たない、ゆえに権力に上り詰めることができたような人物が多すぎます。アベ、トランプ、金正恩、プーチン、似たり寄ったりです。
 現実として、アメリカにそんな余裕がないわけですから、対朝鮮開戦はありえませんが、あのトランプと安倍です、 その予想、否定はできませんんね。
 最高の権力を発揮できるのは戦争状態時です。権力亡者は戦争がしたくてしょうがないのでしょう。
2017/09/23(土) 04:14:05 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 うわあ、充実した素敵な一日でしたね。国立西洋美術館にまで足を運ばされたんですか。お元気でいいですね。人間の内面や醜さを絵にしたら耐えられないものになるんでしょうね。どんな人間でもそういう部分を持っていますからね。
 スキップさん、今回の衆議院解散は何か匂いませんか。森加計隠しだの何だのと言われていますが、トランプはいよいよ北攻撃を開始するつもりなんじゃないでしょうか。そして、安倍氏も納得しているのではないかと。年末か来年早々には大変なことになるのではないでしょうか。その為に選挙を早めたのでは? 
2017/09/22(金) 21:51:06 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック