FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
国の自給率と家庭の自給率
 食糧、資源の国際価格が急騰しています。これにより、わが国の食糧自給率が40%を切っていることがより深刻に受け止められるようになって来ました。工業輸出を増やすために、「日本農業は要らない」と言わんばかりの国際分業論を言っていた方々は、今なんと言うのでしょうか。
 自給率が低いことは他に頼るのですから、そもそも、不安定で危険、だから、不安を感じさせるはずなのです。国民は、国家財政の「自給率60%」に加え、新たな不安を抱えました。
 この事実を前にすると、確認したい数字が出てきます。それは、家庭の生活必需品の自給率です。どれだけ己の労働によって作っているのかを知りたいのです。予想するに、大多数が0~20%内に入ってしまうのではないでしょうか。
 それで、分かるのです。我々がお金に価値を認める理由がです。正確には「お金に頼り貪る」理由がです。本来なら、家庭の実態は恐怖を呼び起こすレベルです。なのに、パニックを起こさないのは仕事があり、収入の道が、一応あるからです。お金を得る方法が見えているからです。
 しかし、これを得るために我々がどれだけ無理をし、苦しみ耐えているかは言うまでもありません。しかも、職がなく、、あっても身分収入が不安定な場合が相当な割合になってきました。限界を超えている人々も多いはずです。自殺者3万数千人、そして、鬱病患者、準・軽症患者が30%と言う研究者もいるほどですから。
 以前、高校生に「あなたは幸せですか」というアンケートを実施しました。その時、興味深いことがありました。それは、「幸せなんだろうが実感がない」という生徒が目立ったことです。衣食住に困らない、快適な安心生活、これを不幸といったら罰が当たる。ですが、その実感が得られない。私はこれを「生きている実感がない」と翻訳しました。
 「生きている実感がない」 は 「家庭自給率が異常に低いことと関係している」 これは、自身の生活からの推測であります。
 


昨日はの缶は18個。
 
スポンサーサイト



コメント
コメント
 極限状態のときに、自分が自分に恥ずかしくない行為をとれるかが不安であり、恐ろしくあるのです。つまり、自分に自信が持てない、ということです。仏の教えに自分を同化しえないのではという迷いです。
 ですから、極限状態を作らないことには微力を尽くしたいと思い、少しだけですが、実行しています。 
2008/06/10(火) 09:30:02 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
原爆下で…。
高校生のときに読んで号泣した覚えがあるのですが、岩崎ちひろの原爆絵本の中で「オジチャン、わたし、もう食べられないから、このオムスビ食べてください…」と言ってこと切れた少女の話がありました。そして、自分が親になったとき、もし子どもが「お父さん、お腹が減ったよ…」と言われたとき何も与えるものが無かったらと思うと、想像するだけでトリハダがたつのです。
2008/06/09(月) 20:10:24 | URL | こん #JecAxcZ2 [ 編集 ]
食べ物を奪い合う、その姿を見たくはないし、自分がその当事者になることもいやですね。奪う合う自分の姿を想像しただけで、鳥肌が立ちます。と同時に、自分は食べずに、他者に食を与える自分の姿も想像できません。今既に、そんな心配しているのはおかしいいのですが。
2008/06/09(月) 15:22:44 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
第9条が、重要。
自給率が低くても、世界の国々から信頼され、安定した交流が行なえればイイのかもしれません。ある意味で国際分業論の背景として、日本の平和主義が位置付けら、原理として確立された外交が展開されていれば、「食料自給率39%」の数字の「安全保障」上の問題はかなり軽減されるはずです。
しかし、残念ながら、この日本には、本当の「友好国」がどこにも存在しないということが不安が生じる根本でしょう。
2008/06/09(月) 09:47:50 | URL | こん #JecAxcZ2 [ 編集 ]
おじゃましました^^

もし よければ 私のblog も 見にきてくださいね(^^♪
2008/06/08(日) 15:58:34 | URL | あち #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック