FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
また文春が!!
 週刊文春が家計問題について、前文部事務次官前川喜平氏が一連の文書が間違いなく本物だと証言したとの記事を載せました。これに対し、菅官房長官は「怪文書もどきとの見解に変わりはない」と強弁しています。
 政府は家計問題に限らず、似た事件である森友問題でも、文書を出せと言えば「廃棄処分した」いやいや出してきた文書は「黒塗り」で、捜してきた文書が提出されれば「怪文書」と言ってきました。結局何の説明弁明もしていないのです。そろそろ、国民はもちろん、マスコミも本気を出してきそうです。そして、さらに、政権内部からも前川氏に続く告発が出てきそうです。それに値するほどの政治的腐敗が進んでいると思います。実質的な独裁に対する怒りと恐怖が満ち満ちて来ているのではないでしょうか。


     加計へとあみだの道に線を足し
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 文科省の中堅床の良識派が集まって、真実を述べる記者会でもしないかなと思っています。それは日本を変える大きな力になるんですがね。市民の常識が政治の良識になる絶好の機会です。そんな官僚やそれを支援するマスコミが必要です。
 私の強い思いを表した川柳を二か月ぶりに、時事川柳が取り上げてくれました。有難いことです。美代子さんに褒めていただくと、がぜんやる気が出ます。
2017/05/27(土) 23:26:23 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 スキップさん、国民はバカではありませんよね。次の選挙で一票の怖さを知るがいいと思います。自民党は一度、国民から見放されたのに、何も学んでいなかったんですね。前川氏は国会で証言してもいいと言ってます。これが実現したら見ものですね。退職したら怖いものなしでしょう。メディアも国民から見放される前に正気を取り戻して頂きたいです。
2017/05/26(金) 21:24:20 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
AF冠者さんへ
 何時の時代も不正や腐敗はあるものですが、極まった感がありますね。
 室町以降ですと、義政の時代の前後数十年間、と張作霖爆殺から始まる17年間が双頭ではないでしょうか。
 今はそれに匹敵する腐敗が根付こうとしていますが、それを阻止する力が今はあるのではないでしょうか。そう信じたいと思います。
2017/05/26(金) 11:00:41 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
現代忖度事情
官僚は言うに及ばずTVもマスコミも今や忖度時代。平和・核兵器廃止は公明党の表看板であったが、地に落ちた。これを取り上げようものなら組織力を動員して新聞などは購読禁止令が飛ぶ。
甘利問題、法相無理解、森友、加計、いやはやこの国も終わりの感があります。
2017/05/26(金) 08:59:23 | URL | AF冠者 #ErotiftQ [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック