FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
気温が冬でも春らしい!?
 我が家の石楠花が咲きだしました。ここ数年早まっています。しかし、今日は寒かったですね。朝の登校安全活動には手袋をしてゆきました。女性陣は真冬の格好でやってきました。
 しかし、春なんです。今日も次郎はねこやなぎの下で、休憩、モーツワルトを聞きながら、前足の上に顔を乗せて、気持ちよさそうにしていました。気温とは違う春があるんです。穏やかな春を感じる気持ちの反面、今日も穏やかならぬ思いが拭えません。また作ってしまった、浮かんできてしまった川柳をご紹介!!

     腹ペコの軍需産業シリア食う

     復興相保護者付き添い謝罪する

     トランプが暗殺狙う毒殺者

     森本の爆風を断つトマホーク
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 連日のお褒めの言葉、痛み入ります。個人的な不幸、不運、不徳からくる苦しみの中をのたうち回ることは経験してきました。しかし、今回の心の動揺は、全く違います。一部同じと言えば、そんな中、自分は何もできないという自責の念だけです。
 日本中が津波に飲み込まれた姿を連想しています。時の流れにどうすることもできず、ただ流され、死んでゆく。わずか可能性に掛けて必死になっている、そんな今の日本です。
 私がマルクス主義に違和感を覚えたのがまさにこれなんです。マルクスは歴史は自然法則に従って動いてゆく、歴史の流れは人間個々人の意志を飲み込んで行く。そういうんですね。到底呑み込めない歴史哲学です。
 その自分が今、どうすることもできない時代の流れに、飲み込まれようとしています。自分が信じてきたものが崩れ去るのを見る思いです。
2017/04/11(火) 12:48:34 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 スキップさん、川柳の575は凄い力を持っていると思います。

<復興相保護者付き添い謝罪する>

↑この句など、実に面白いし、的確だと思います。今村氏がまともな人なら、この一句を読んで辞職を決意するでしょう。安倍氏は、自分の決断力のなさを恥じるでしょう。
謝罪したらよいというのではなくて、復興相には向かないということが問題なんですが・・・
2017/04/10(月) 23:13:33 | URL | 美代子 #/8Mj.ZvY [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック