FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
腹立たしい日を卒業生と過ごす
 先週の金曜日と昨日、35歳になる卒業生の貴晃君と過ごしました。休みを消化しないできたもので、事務から休みを取るように言われたそうです。
 ところが、相当のさみしがり屋さんで、一人でいるのが耐えられないんですね。平日ですから嫁さんの真理さんは仕事です。そこで、確実に暇な私のところに一番に電話してくるわけです。いろいろな話に楽しいわけです。昼は外食、そして、スーパーに買い物です。食事を一切任されている彼は晩御飯のメニューを考えるのです。「先生は今晩何食べる」ときますから、私の晩飯も決まります。
 そんなこんなで、大笑いしながら数時間が過ぎるわけです。お陰で、腹立だしいことを一時忘れられるのです。その腹立だしさを川柳に!!

     新年を祝える程の今なのか

     政治家の麻薬のような嘘に酔う

     お上は嘘民はギャンブル依存症

     物価高賃下げ願う年金法

     嘘をまた明らかにしたオスプレイ
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんんへ
 実は、貧困は20年前には結構深刻だったのです。いわゆる進学校にいたのでは、見えない事実が、いわゆる教育困難校(底辺校、どう読んでも問題が残るのですが)に勤務しているとよく見えます。
 授業料免除手続きを取る生徒が一割から2割という事態に直面します。父子・母子家庭もクラスに10人越えます。家庭不和の中で、勉強などできるわけがありません。必然的に地域底辺校という学校に進学することになるんですね。
 横浜や船橋時代、自分のクラスに母子・父子家庭は皆無でした。ですから、貧困に苦しむ子供たちは全く見えませんでした。社会全体もそうなのだろうと思い込んでしまうんですね。
 狭い自分の経験で物事を判断してはいけないという良い例です。
2016/12/16(金) 12:16:37 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 AF冠者さんへ
 持ったことがない人間にはわからないだろう、と言われたら、持ったことがない自分にはわからないのかもしれません。が60歳も過ぎれば、あと生きても20年です。それで自分が100億円持っていたら、99億円は寄付するのではないかと思うんですね。しかし、持ったことがある方々は、もっと欲しいと思われんでしょう。理解できません。というか理解したくありませんね。
2016/12/16(金) 12:04:33 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 スキップさん、若い方が訪ねてきて下さるなんて、教師という職業は素敵ですね。他の職業ではなかなかこうは行きません。と言っても、高校教師は誰にでもなれるものではありませんが・・・笑。
 子供の六人に一人が貧困だそうですが、昔の貧困は服装にも表れていたものです。今は外見では分かりませんが、それが問題なのかもしれないですね。
2016/12/15(木) 21:15:41 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
貧乏は嫌だ
県下のある中学校で3年生の使用済みの制服を300円前後で売買されることが報道されていた。そのお金はクリーニング代に充てているとか。億万長者をとうり越して兆万長者がいるご時世かもしれないが、一方では「もったいない」で生徒たちを貧しさからいくらかでも救えるような手段がとられていることは上の人は知らないだろうなぁ。
2016/12/15(木) 10:41:49 | URL | AF冠者 #ErotiftQ [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック